• 日本マニュアルコンテスト
  • TCシンポジウム
  • TC技術検定
  • 関連リンク集

[print]

日本マニュアルコンテスト

日本マニュアルコンテストはテクニカルコミュニケーター協会が作成した マニュアルコンテスト憲章に則って行われます。

日本マニュアルコンテスト憲章

※TC協会ではコンテストとは別に個別マニュアル評価も請け負っています。

個別マニュアル評価


日本マニュアルコンテスト2018の応募要項

募集期間
2018年3月1日(木)~2018年5月11日(金)
※募集期間を延長しました。
応募費
応募マニュアル1 件につき
TC 協会会員:30,000 円  非会員:60,000 円
応募部門
1. 一般部門 (一般ユーザー)
主に家庭で使うマニュアルなど
単体:
紙マニュアルのみ、または電子マニュアル(HTML や動画、CD など)のみ。同じ形式または同じ媒体に限り複数の応募を可とする。例えば紙マニュアルの分冊。
総合:
対象読者に提供される使用説明一式
≪推奨≫マニュアルを使う際の初めの状態から審査できること。設置後に引き渡される製品の場合、設置後の使い始めの状態。梱包された状態で引き渡される製品の場合は、梱包された状態。

2. 業務部門 (業務ユーザー)
主にビジネス、オフィスで使うマニュアルなど
単体:
紙マニュアルのみ、または電子マニュアル(HTML や動画、CD な ど)のみ。同じ形式または同じ媒体に限り複数の応募を可とす る。例えば紙マニュアルの分冊。
総合:
対象読者に提供される使用説明一式
≪推奨≫マニュアルを使う際の初めの状態から審査できること。設置 後に引き渡される製品の場合、設置後の使い始めの状態。梱包され た状態で引き渡される製品の場合は、梱包された状態。

3. 産業部門 (産業ユーザー)
製造現場、研究所など、納品先に応じて仕様が設定される製品のマニュアル
その製品やサービスを使うための訓練や資格が必要なもの
紙、PDF、画面で見るマニュアルなどいずれも可。 1冊でも複数でも審査対象とする。
審査
1次審査、2次審査、最終審査
5月~7月上旬
結果の通知
8月上旬
MOY最終審査および表彰と展示
8月28日(火)~29日(水)
TC シンポジウム2018 東京開催で、各賞の表彰、マニュアル オブ ザ イヤー ノミネート作品の発表、ならびに受賞作品の展示

10月3日(水)~5日(金)
TC シンポジウム2018 京都開催で、マニュアル オブ ザ イヤー の ノミネート作品のプレゼンテーション、選考と表彰、ならびに受賞作品 の展示

過去のコンテストの結果はこちら ≫≫


インバウンド対応「使用説明」大募集

日本へのインバウンド観光客数は2014年から2017年の4年で2倍、急成長渡航先ランキングでは2年連続で大阪市が世界一! そして、2020年東京オリンピックもすぐ目の前に。
そんな中、インバウンド対応した「使用説明」をTCシンポジウム2018で展示します。

展示会場
テクニカルコミュニケーションシンポジウム2018 開催会場内
【東京開催】 2018年8月28日(火)、29日(水) 東京学芸大学
【京都開催】 2018年10月3日(水)〜5日(金) 京都リサーチパーク
展示するもの
・A1 縦長サイズで取り組みを説明したパネル
・使用説明の現物 冊子、シールやラベル、パネル、スマートフォンコンテンツ、など (展示可能な場合)
・コンテスト審査委員のコメント
申し込み締切り
2018年5月31日(木)まで
展示費用
10,000円 (応募1件について、TC協会会員および非会員共に同じ金額)

※募集の詳細(展示するパネルのイメージ、申込書や申込み方法など)は、「日本マニュアルコンテスト2018 特別企画(PDF)」で確認の上申込みください。

日本マニュアルコンテスト2018 特別企画(PDF)

YouTube

日本マニュアルコンテスト2017の公開審査と表彰式の模様を、YouTubeでご覧いただけます。

【公開審査】


【表彰式】


審査委員のページ

評価コメント用紙をダウンロードできます。

ロゴ使用のご案内

日本マニュアルコンテストで入賞した作品は、日本マニュアルコンテストのロゴ表示ができます。

このページのトップへ戻る