• TCシンポジウム
  • 日本マニュアルコンテスト
  • TC技術検定
  • 関連リンク集

[print]

TCシンポジウム2016プログラム詳細

パネルディスカッション【東京開催】

タイトル

★各セッションに下記を記載しています。参加するセッションをお選びの際の参考にしてください。
(総合) 幅広い参加者を想定した内容
(応用) TCの活動領域を広げるための内容
(基本) TCの基礎を学ぶための内容

パ01 パーソナライズ化における究極のオーダーメイドの取説とは
パ02 「できるテクニカルコミュニケーター」を育てるには?
パ03 翻訳品質の新しい評価方法を考える
~グローバルビジネスの円滑化に向けて~
パ04 電子マニュアルは本当に「○○○」なのか
~ユーザ ー視点で見つめ直す電子マニュアルの今とこれから~
パ05 よく考えてみると、日本語が、英語が見えてくる
~認知言語学を活用した英文ライティング~
パ06 徹底討論!!トリセツWeb 化計画
~IoT時代の使用説明とは~
パ07 TC カフェ2016
~ライター力 スキルアップ大作戦~
パ08 製品の国際競争力を高めるテクニカルコミュニケーション

詳細

パ01 (応用) パーソナライズ化における究極のオーダーメイドの取説とは
キーワード新市場創造   新事業創出
内容

■ディスカッションの趣旨
プロダクトのオーダーメイド/ パーソナライズ化が進んでいく中、「パーソナル・ファブリケーション:個人でのモノづくり」といった新しい流れも出てきている。従来利用が難しかった構造化されていない情報(ノウハウ/ メモ/ 動画/ 操作過程等)の活用が技術の高度化と共に始められている。パーソナライズ化、オーダーメイド化が進む中でユーザー にとって欲しいサービス&商品に対応した取説・ドキュメンテーションのあるべき姿を議論する。

■ディスカッションのポイント
市民工房「Fablab JAPAN」では制作メンバーのノウハウ/ 制作過程を共有する試みとして「Fabble」PJ を構築している。および、各機器操作や制作方法/ 機器のレシピ/ メモ/ 動画など従来収集の難しかった情報の共有/ 活用が進められている。
また、オーダーメイド化、オープン化に対する企業の具体的な事例として自動車メーカーの取説・ドキュメンテーション企画の今後のあ方、カメラメーカーでのオープンイノベーション活動の事例を通じて、メーカーとユーザーとの関係、コミュニケーションの変化について議論を進める。

■ディスカッションの流れ
「Fabble」PJ での取り組みは、通常のマニュアル/ ノウハウサイトとどこが違うのか?プロセスの記録→作業手順書の記録(メモ/ レシピ/ 手順/ 動画等)を共有する。
現場での使われ方、活動の主旨と効果等、上記情報からのTC 分野への展開可能性。
1. 市民工房「Fablab JAPAN」で活用している「Fabble」PJ の概要と目的/ 特徴/ メリット
2. ユーザーが自由にカスタマイズできるオリンパスのオープンプラットフォームカメラの紹介
3. TC 業界の現状としてマツダロードスター取扱説明書他の紹介
4. オープン化された情報のルール化づくり、品質についての議論
5. パーソナライズ化におけるあるべきオーダーメイド型トリセツとは


コーディネーター 牧田 克彦 (株)リコー
パネリスト 上神 政也  マツダエース(株)
佐藤 明伸  オリンパス(株)
田中 浩也  慶應義塾大学教授
企画担当者 下村 忠宏  (株)日立製作所
吉川 明   (株)日立テクニカルコミュニケーションズ

パ02 (総合) 「できるテクニカルコミュニケーター」を育てるには?
キーワード人材育成   リーダーシップ
内容

■ディスカッションの趣旨
経験が第一と言われるTC の世界で、人材育成は永遠のテーマである。OJT では、教える側も忙しく十分な対応ができず、教えられる側はよくわからないまま年月が経ち、なかなか独り立ちできない。さらに覚えたところで人事異動になったり、逆に長年の人依存から抜けられない状況もよくある。このセッションでは、そのような状況から抜け出し、変化の激しい現代を生き抜いていける「できるテクニカルコミュニケーター」を育てるにはどうすればよいか、を探っていく。

■ディスカッションのポイント
仕事を伝える工夫と、実際の取り組みや考え方、実現を妨げる障害などについて議論する。ベテランが経験則で持っている判断基準の明確化や可視化、求められるスキルの整理、理想のテクニカルコミュニケーター像の具現化、研修の活用、メンタル面のケアなど、議論を通じて「できるテクニカルコミュニケーター」を育てるために必要な要素を洗い出す。

■ディスカッションの流れ
下記のポイントについて、ディスカッションを中心に進めていく。
1. 現状の整理と、実際の取組み例を紹介し、人材育成をするために必要な要素と障害について議論する。
2. どのようなスキルが必要なのか、どういう人材特性が必要なのかを整理して理想のテクニカルコミュニケーター像を具現化する。
3. できるテクニカルコミュニケーターたる人材を受け入れるために、今すぐにできることは何かを考える。


コーディネーター 柳沢 美希  (株)富士通ラーニングメディア
パネリスト 石川 秀明  ヤマハ(株)
岸本 晃治  (株)アビリティ・インタービジネス・ソリューションズ
高橋 慈子  (株)ハーティネス)
企画担当者 福岡 佳苗  (株)マイクロメイツ
三宅 早智  (株)インターネットイニシアティブ
企画協力 豊島 崇泰  (株)富士通ラーニングメディア

パ03 (応用) 翻訳品質の新しい評価方法を考える ~グローバルビジネスの円滑化に向けて~
キーワードグローバル展開   自動化
内容

■ディスカッションの趣旨
翻訳品質について考える際、そもそも「品質」が何を指しているのかが立場によって異なり、生産的な議論になりにくいことがある。
近年海外の翻訳業界では経営学者Garvin による品質5 分類を用いて、議論の土台を構築する努力がなされている。
さらにその5 分類も考慮に入れたMQMやDQF といった評価手法が提案され、徐々に受け入れられつつある。本パネルディスカッションではそれらを紹介しつつ、新しい翻訳品質の評価方法の枠組みについて考える。

■ディスカッションのポイント
翻訳を担当する現場で想定している品質要求と、想定できない(していない)品質要求があるのか。
またあるならばどのような整理ができるのか。どのようなアプローチで解決ができるのかについてディスカッションをしたい。

■ディスカッションの流れ
1. 翻訳会社を対象にしたアンケートの分析
2. Garvin の品質5 分類と制作現場が一般的に想定する品質基準
3. 翻訳会社の品質基準とその対策・工夫(手法・ツール・指標など)
4. 新しい評価手法について



コーディネーター 森口 功造  (株)川村インターナショナル
パネリスト 稲垣 美貴  ライオンブリッジジャパン(株)
田中 千鶴香  (一社)日本翻訳連盟
西野 竜太郎  TAUS Representative/ 合同会社グローバリゼーションデザイン研究所
企画担当者 中村 哲三  (株)エレクトロスイスジャパン

パ04 (基本) 電子マニュアルは本当に「○○○」なのか
~ユーザ ー視点で見つめ直す電子マニュアルの今とこれから~
キーワードUX向上
内容

■ディスカッションの趣旨
電子マニュアルの提供は本当にユーザーにとって幸せなのか? 単なる紙の焼き直しやコスト削減の手段になっていないか?過度な装飾やギミックに踊らされていないか? すでに一般的となった電子マニュアルを、ユーザーの視点に立ち返り、あらためて議論する。そして電子マニュアルが目指す姿をあらためて定義する。

■ディスカッションのポイント
・ 誰のための電子マニュアル?
・ ユーザーゴールとビジネスゴール
・ ユーザー体験全体の中での役割
・ メディア間の誘導、電子マニュアルの中でのナビゲーション
・ “ 電子マニュアルだからと張り切りすぎる症候群”
・ ユーザー視点から見たPDF の価値
・ 「HTML マニュアルは使いやすい」?「PDF マニュアルは安心できる」?

■ディスカッションの流れ
本セッションは予測不能な「生」のディスカッションである。
パネリストにはそれぞれ、情報デザイン、UX デザイン、メーカーの立場から『電子マニュアルは本当に「○○○」なのか』端的に語ってもらう。
○○○の中身は当日のお楽しみ。
過去の電子マニュアルも例示しながら、電子マニュアルユーザーにとってどうあるべきかを、ときに根源的に、ときに現実的に、ときに情熱的に議論する。

東京開催と京都開催共に同じ内容で実施する予定。


コーディネーター 増山 龍太  ソニーマーケティング(株)
パネリスト 石川 秀明  ヤマハ(株)
坂本 貴史  ネットイヤーグループ(株)
高山 和也  (有)文書情報設計
企画担当者 川島 祐介  ソニーマーケティング(株)
長谷部 雄一  ソニーマーケティング(株)

パ05 (総合) よく考えてみると、日本語が、英語が見えてくる
~認知言語学を活用した英文ライティング~
キーワードコミュニケーション力   グローバル展開
内容

■ディスカッションの趣旨
あなたは、日本語を、英語を本当に理解できているだろうか?日本語と英語の考え方や概念の持ち方を比較、考察することによって、日本語と英語の深層的理解を深めることで、英語の適切でわかりやすいライティングを実現する。
なんとなく、または漠然とこうだろうと思っていた日本語と英語の関係、またはそんな関係などまったく気にしてもいなかったこと ― このパネルでそれがはっきり見えてくる。このパネルに参加することで、明日からは自信をもって英文ライティングに臨めるようになるだろう。

■これだけは知っておきたい、厳選! 10 のポイント
1「. やってもできない」って本当?(コトの捉え方の違い)
 ⇒「開けても開かない日本語、open したら中が見える英語」
2「. お父さんはお前が大事だよ」は“I love you.” か?(モノの捉え方の違い)
 ⇒家庭内の「私」と会社での「私」は役割(社会関係)が違う
3. 敢えて言う.....「~が」は主語でない、「~を」は目的語でない
 ⇒「彼が恋に悩む。向こうに海が見える。木材が川を流れる。列車が2 番線を通過する」
4「. 天気予報を信じよう」と「 あのお店行ったほうがいいよ。」のおすすめの程度は?
 ⇒一般的に起こるコトと、この場で起こるコトの違いを言い分けよう
5「. 色即是空」..... niceなjob と、good な body ってあるの?(相対基準と絶対基準)
 ⇒日本語の形容詞に比較級がない訳を意識しよう
6. 日本語の動き方は副詞で変わる、英語の動き方は語彙で変わる ( 始動と過程)
 ⇒「よちよち歩く、ブラブラ歩く」はtoddle、「なんとなく見る」はlook で、「ちゃんと見る」はsee
7. 師曰く:「訳は写像である。」..... 一対多対応の憂鬱(助詞と前置詞)
 ⇒「彼に」が“to/for/on/against him” に対応するわけ
8. 空気読めよ、目論む日本語。目を見て言って!直截な英語(理由‐ 結果の根拠の表し方)
 ⇒「V1 できるようにV2 します」と“V2 to V1” の対応v 9. “The search for many universes”..... 宇宙もたくさん、何が唯一なのだろう?
 ⇒知識の出所と参照の仕方を考えよう
10「. これはどれで、“a Tuesday” はいつなのか?」(既知と未知表現の違い)
 ⇒ Mr. man に聞いてみよう。

東京開催と京都開催共に同じ内容で実施する予定。


コーディネーター 中村 哲三  (株)エレクトロスイスジャパン
パネリスト 井上 逸兵  慶應義塾大学教授
佐野 洋   東京外国語大学教授
企画担当者 小松原 薫  アベイズム(株)

このページのトップへ戻る

パ06 (総合) 徹底討論!!トリセツWeb 化計画
~IoT時代の使用説明とは~
キーワードUX向上   創造力
内容

■ディスカッションの趣旨
取扱説明書をWeb 上で閲覧可能にすることが注目を集めている。手軽さだけでなく情報の提供方法によっては、より理解を深めることも可能だからだ。
本セッションでは、昨年に引き続き本年も企画されているWeb Designing 誌「トリセツ電子化計画」(昨年は「トリセツWeb 化計画」)と連動して、IoT 時代を見据え、Web 上でのトリセツはどうあるべきか、「トリセツ」の枠を越えた新たな情報提供のカタチはどうあるべきかを討論する。

■ディスカッションのポイント
・ カスタマージャーニー全体を考え、「トリセツ」だけでなくいろいろなタッチポイントとの連携、協業について話を展開する。
・ 使用説明特有の法令・規格要件の存在も直視して、販促情報中心にWeb 業界で構築されてきた手法の単純な転用ではすまない事柄にも言及する。

■ディスカッションの流れ
・ 「トリセツ」以外のWeb 活用の事例
・ カスタマージャーニー視点の情報提供
・ お客様に寄り添うコンテンツを目指して
・ 実現したいこと
・ 実現に向けての課題とその解決策
・ まとめ


コーディネーター 小松 智   パナソニック溶接システム(株)
パネリスト 岡  謙治  (株)マイナビ出版
櫻井 修   ソニーマーケティング(株)
中原 司郎  パナソニックエコソリューションズクリエイツ(株)
企画担当者 秋元 有紀  ソニーマーケティング(株)
久米 耕一郎 (株)マイナビ出版
黒田 聡   (株)情報システムエンジニアリング
下拂 伸一  アベイズム(株)

パ07 (基本) TC カフェ2016
~ライター力 スキルアップ大作戦~
キーワードコミュニケーション力   人材育成・交流
内容

■ディスカッションの趣旨
TC の要はライター力。
標準化の普及により、ライターの考える力、表現する力が落ちてきているといわれている。仕様書に従って数値を直したり、テンプレートやルール集に従って文章を揃えるだけがライターの仕事ではない、とわかっていても具体的にどうすればいいか、悩んでいる方も多いのではないか。
そこで、オーディエンス参加型セッションのTC カフェ2016 では、腕を上げたい、新規書き起こしができるようになりたい、企画もできるようになりたい、そんな思いを持つ方たちと意見や経験を共有し、ライター力向上の秘策を探る。

■ディスカッションのポイント
・ 日頃どんな勉強をしていますか?
・ TC 検定合格、その後の目標
・ 仕様書の読みかたと目次構成への展開
・ 腕が上がったと実感するとき
・ ディレクターにもライター力が必要?
・ 新規書き起こしの拠りどころ
など、大きなことから小さなことまで、何でも語り合おう。

■ディスカッションの流れ
本セッションは、いわゆるパネルディスカッションの形はとらず、パネリストと会場の皆さまとのオープンな語らいで進行する。
現役ライターだけでなく、「ライター力」に興味がある方であれば参加大歓迎。
パネリストにはベテラン・中堅ライターと昨年のTC カフェに刺激されライティングの勉強を始めた新人ディレクターを、コーディネーターにはライターとのコミュニケーションに日々苦労しているセールスマネージャーを迎え、会場の皆さまとともに、ライター力の向上について語り合う。
思いがけない秘策に出会えるに違いない。


コーディネーター 黒須 学   インフォトランス(株)
パネリスト 大石 浩史  ヤマハ(株)
長谷部 雄一 ソニーマーケティング(株)
平湯 あつし  (株)カイ
企画担当者 下拂 伸一 アベイズム(株)
関和 佳代 (株)パセイジ
企画協力 三波 千穂美  筑波大学

パ08 (応用) 製品の国際競争力を高めるテクニカルコミュニケーション
キーワードグローバル展開
内容

■ディスカッションの趣旨
製品を海外で販売するには、製品が仕向け地の規格に適合している必要がある。製品の一部であるマニュアルにも規格に適合していなければならない。
NLF(New Legislative Framework)でCEマークが強化されたが、マニュアルの取り扱いは大きくなっている。これら国際規格を正しく理解することが製品の販売を強化することにつながっている。

■ディスカッションのポイント
CE マークを中心に国際規格とは何かを復習し、NLF の根本的な要求を理解する。
これまでの海外販売の実情と、今後求められる要求を明確にし、テクニカルコミュニケーターの役割を特定する。

■ディスカッションの流れ
1. 復習として国際規格とは何か?(製品の規格とマニュアルの規格)
2. 常に変化する国際規格
3. CE マーク強化(NLF) で要求されていること
4. これまでの海外での販売の実情(韓国・アメリカ)
5. テクニカルコミュニケーターのこれからの役割


コーディネーター 清水 義孝 (株)クレステック
パネリスト 石井 満      東京都立産業技術研究センター MTEP 専門相談員
川崎 哲      TOTO(株)
渡部 美和子  アズビル(株)
企画担当者 岡訓 仁      アズビル(株)
工藤 亜望 TOTO(株)
企画協力 アズビル(株)
TOTO(株)
ヤマハモーターパワープロダクツ(株)

このページのトップへ戻る