• TCシンポジウム
  • 日本マニュアルコンテスト
  • TC技術検定
  • 関連リンク集

[print]

TCシンポジウム2018プログラム詳細

特別セッション【京都開催】

タイトル

★各セッションに下記を記載しています。参加するセッションをお選びの際の参考にしてください。
(総合) 幅広い参加者を想定した内容
(応用) TCの活動領域を広げるための内容
(基本) TCの基礎を学ぶための内容

特01(基本) 【基本確認シリーズ】
マニュアル制作へのMicrosoft Word活用
特02(基本) 【基本確認シリーズ】
校正・校閲の基礎力を身につける

~基礎から学んで、ミスを防止する~
特03(総合) 内製マニュアルのスタートアップ
~失敗しないマニュアル業務のはじめかた、見直しかた~
特04(応用) マニュアル企画書フォーマットの作成と運用
特05(基本) 【基本確認シリーズ】
テクニカルライティング基礎
特06(基本) ディレクター業務のパワーアップ
~ディレクターに必要なヒト×モノ×コトの管理~
特07(総合) 【制作実践シリーズ】
校正ミスを予防する力を身につける

~ミスの原因と対策を知り、ミスをマネジメントする~
特08(総合) マルチデバイス、機械翻訳時代の文書の作り方を学ぶ
~Markdown記法でレスポンシブウェブヘルプを作成する~
特09(総合) 翻訳チェックの組み立て方と考え方
~翻訳チェックの位置付けとヒューマンエラーへの対応~

詳細

特01(基本) 【基本確認シリーズ】
マニュアル制作へのMicrosoft Word活用
内容

■講義の趣旨
Microsoft Word でマニュアルを効率よく制作するためには、アウトライン機能やスタイル機能など、一般的なハウツー本ではあまり取り上げられていない機能を活用する必要がある。このセッションでは、マニュアルを作成するときに必要な機能に的を絞り、その活用方法を解説する。

■講義のポイント
マニュアルを効率的に作成するために必要なMicrosoft Word の機能にフォーカスし、文書テンプレートの作成から実際の文書の作成までを解説する。
・ マニュアル制作にMicrosoft Word を使うことの意義
・ Microsoft Word の機能をどこまで活用するか
・ アウトライン機能、スタイル機能の使い方
・ テンプレート作成の勘所
・ 印刷工程に配慮したデータ作成
・ 複数人の分業で制作する場合のポイント
本セッションはMicrosoft Word 2010 を中心に説明する。
また、本セッションは講義形式のため、参加者はPC の持参不要。

講師 石川 明慶 (株)富士通ラーニングメディア
若山 陽介 (株)情報システムエンジニアリング
企画担当者 白井 宏三 螢印刷(株)
形式 講義
定員 20名

特02(基本) 【基本確認シリーズ】
校正・校閲の基礎力を身につける

~基礎から学んで、ミスを防止する~
内容

■講義の趣旨
TC に従事する者なら、避けては通れない校正・校閲業務。ミスは信用や評価に直接影響する。
訂正費用や信用回復にかかる苦労に直面して改めて校正・校閲の重要性に気づかされる。
校正ミスを防ぎ、見抜き、発生させない力を身につけられるよう、事例を交えながら校正・校閲の基礎知識やポイントを学ぶ。
※本セッションは、2015 年【京都開催】での特別セッション『「校正・校閲力」のスキルアップ』の受講者アンケートの結果を踏まえたアップデート版である。

■講義のポイント
①校正側と制作側の作業の違い
② PC 環境の変化と校正の現場
③校正・校閲の基礎知識
④校正ヒヤリ・ハット あるあるネタ
⑤ミスが起こりやすい状況、原因要素
⑥ミスの分類、対処、対策
⑦ミスの事例
⑧演習(ミニテスト)

講師 木下 彰二 (有)共同制作社
企画担当者 木谷 千鶴 タイガー魔法瓶(株)
形式 講義、ワークショップ
定員 30名

特03(総合) 内製マニュアルのスタートアップ
~失敗しないマニュアル業務のはじめかた、見直しかた~
内容

■講義の趣旨
新たにマニュアル作成のニーズがでてきた企業の担当者に、スタートアップするために有用な情報を提供する。
これまで属人的にしていたマニュアル作成業務をワークフロー化する方法や、作る人によってばらばらになっていた品質基準を見える化するコツなど、今後マニュアル業務のPDCA をまわしていくために必要なツールとその使い方を学ぶ。
テクニカルコミュニケーションを、マニュアル作りにどのように浸透させるか、業務を見直すうえで判断基準にするためには、どうしたらよいかを考える機会とする。

■講義のポイント
下記の内容をワークショップ形式で学ぶ。
・ 日本語スタイルガイドを使った標準化アプローチ
・ 属人化しないためのチェック項目の洗い出し方
・ チャート別診断:ワークフローの見直し方、設計の仕方
・ 部門別(立ち位置別)の課題整理メソッド

※東京開催と京都開催共に同じ内容で実施する予定。



講師 <主講師>
安岡 仁之 (株)ヒューマンサイエンス
<副講師>
堀越 かおり (株)ヒューマンサイエンス
企画担当者 市川 英明 アズビル(株)
形式 講義、ワークショップ
定員 30名

特04(応用) マニュアル企画書フォーマットの作成と運用
内容

■講義の趣旨
マニュアル企画書フォーマットを作って運用するために必要な準備や要素出し、プロセスの構築、国際規格の活用など、マニュアル企画書フォーマットづくりに必要な知識やノウハウについて考える。
また、マニュアル企画書フォーマットづくりを通じて、自分たちの制作プロセスを棚卸しし、業務の効率化や、他部門とのインターフェースの向上についても検討していく。
参加者それぞれの条件や環境を踏まえ、実現可能な方法を検討できるよう簡単なワークショップを実施する。

■講義のポイント
・ マニュアル企画書の必要性とメリット
・ 現在の業務の棚卸し
・ 企画書フォーマットに必要な要素出し
・ 国際規格IEC82079-1 などの活用
・ 実際の運用と改善のプロセス
・ プロセスの見直し
上記のポイントを踏まえて、自身の業務で検討するワークショップを実施

※東京開催と京都開催共に同じ内容で実施する予定。

講師 石川 秀明 ヤマハ(株)
企画担当者 安達 久博 (株)サン・フレア
企画協力 トピック指向取り組み検討WG
形式 講義、ワークショップ
定員 30名

特05(基本) 【基本確認シリーズ】
テクニカルライティング基礎
内容

■講義の趣旨
使用説明は、製品を正しく安全に、最短の時間で使用できるようにするための情報だ。この特別セッションでは、使用説明の技術要素から「テクニカルライティング」を中心にして、誰に、何をどう伝えるのか情報整理の観点と、簡潔で明快な文章を書くための技術を、ワークショップ形式で学ぶ。

■講義のポイント
わかりやすい文章を書くには、ロジカルに情報を整理する、情報の種類ごとに分ける、情報の種類に合った書き方をすることがポイントとなる。ワークショップでは、情報の分類をどう考えるか、わかりにくい文章になってしまう原因は何かをディスカッションし、文章としてアウトプットしていく。また、相互レビューによって、文章のわかりやすさを確認し、意識して読むこと、書く ことを実践する。
探しやすく、納得して使えるFAQ を例に、テクカルライティング基本を実践できるよう、次の流れで講義を行う。

●自分のライティングスキルをチェックしよう
●わかりにくい文章の問題を探る
●「読み手」と「目的」、「主題」を明確にする
●書き始める前に情報を整理する
●分かりやすく簡潔に表現する
●レビューで品質を高める
※手書きでライティングとレビューの演習を行います。筆記用具(黒ペンと赤ペン)を持参してください。

講師 高橋 慈子 (株)ハーティネス
企画担当者 細田 達幸 パナソニック(株)
形式 講義、ワークショップ
定員 30名

特06(基本) ディレクター業務のパワーアップ
~ディレクターに必要なヒト×モノ×コトの管理~
内容

■講義の趣旨
顧客の要求水準が年々厳しくなる中、ディレクターに求められる役割はますます広く、深くなっている。同時に進行している複数の仕事の進捗を管理し、問題点があればヒアリングし、解決策を提案し、状況対応するなど、ディレクターの業務は多岐にわたる。このセッションではディレクターの役割を改めて整理し、演習を通じてスキルを身につけ、自信を持ってディレクション業務を担えるようにすることが目的である。

■講義のポイント
①ディレクターの名刺交換の質を上げる
②ディレクターに求められる意識・知識・スキルを整理する
③ディレクターが押さえておかなければいけないQCD を理解する
④メンバーのやる気を高める3 つのポイントを身に付ける
⑤コミュニケーションスキルをパワーアップする

※東京開催と京都開催共に同じ内容で実施する予定。


講師 芳垣 玲子 (株)人材育成社
企画担当者 稲葉 久恵 アベイズム(株))
形式 講義
定員 30名

特07(総合) 【制作実践シリーズ】
校正ミスを予防する力を身につける

~ミスの原因と対策を知り、ミスをマネジメントする~>
内容

■講義の趣旨
校正業務は、日常のあらゆる業務に欠かせないミスを防止するための必要手段。
校正ミスのリスクに対するマネジメント方法を学び、校正に対する意識の改善と、ミスに対する「気づき」を増やし、校正力を養う。
また事例を交えながらミスの実用的な対策を掘り下げ、校正ミスを予防する力と「校正マインド」を習得できるように導く。
※本セッションは、2017 年【東京開催】での特別セッション『校正・校閲に必要なマインドセットを身につける』のアップデート版である。

■講義のポイント
①リスクマネジメントと危機管理の意味の違い
②校正ミスとPDCA(Plan・Do・Check・Action)
③校正作業の阻害要因
④校正スキルを分析し、ヒューマンエラーを検証
⑤校正支援ソフトのメリットとデメリット
⑥演習(ミニテスト)

講師 木下 彰二 (有)共同制作社
企画担当者 木谷 千鶴 タイガー魔法瓶(株)
形式 講義、ワークショップ
定員 30名

特08(総合) マルチデバイス、機械翻訳時代の文書の作り方を学ぶ
~Markdown記法でレスポンシブウェブヘルプを作成する~
内容

■講義の趣旨
効率化を担う目的としていたはずのDITA などのXML 系アーキテクチャーが複雑化して、その学習コスト、執筆担当者への負担が意識されるようになっている。同じ課題に直面したソフトウェア開発者の間では、軽量マークアップ言語であるMarkdown 記法の活用が広まってきた。今や開発文書やヘルプ、ブログやウェブサイトなど幅広いコンテンツ制作の作成に使われている。
Markdown 記法はそのシンプルな記法から学習コスト、執筆担当者への負担が軽いのが特徴で、執筆に際してライティングに集中する事ができる。機械翻訳とも相性がよいので機械翻訳の利用を前提とした翻訳元原稿の作成にも適している。
本セッションでは、Markdown 記法について学び、様々なデバイスに適切なレイアウトで表示するレスポンシブウェブヘルプを作成する過程をレクチャーする。

■講義のポイント
① Markdown 記法の登場と拡大の背景
② Markdown 記法の基礎
③レスポンシブウェブとは何か
④ Markdown 記法の活用事例紹介

※当セッションで使用するPC は協会事務局で準備いたします。手配するPC の台数の都合上、お席に限りがあることをご承知おきください。

※東京開催と京都開催共に同じ内容で実施する予定。

講師 近澤 良 (株)Locki
企画担当者 森口 功造 (株)川村インターナショナル
形式 講義、ワークショップ
定員 30名

特09(総合) 翻訳チェックの組み立て方と考え方
~翻訳チェックの位置付けとヒューマンエラーへの対応~
内容

■講義の趣旨
翻訳品質保証に関わる全工程のうち、翻訳チェックはその一部を担っているに過ぎない。しかし、顧客へ翻訳物を納品する前の最終品質確認工程であり、品質保証の面でその役目は重要である。
当セッションでは、翻訳品質保証において翻訳チェックをどう位置付けるのか、翻訳チェック内 容はどのように決定され、どのように工程を組み立てるのか、また、どのようなチェック方法や組み合わせがミスの検出力を高め、またヒューマンエラーを防げるのかなど、翻訳の現場が抱える悩みについて、ひとつの対応事例を紹介する。本セッションは、TC 協会と日本翻訳連盟(JTF)との共同企画です。

■講義のポイント
①翻訳品質保証に要求される全体像把握
②翻訳品質保証と翻訳チェックの関係
③翻訳チェック内容が決められる背景
④翻訳チェックの種類と判断基準とするもの
⑤翻訳不良を見逃すメカニズム
⑥ヒューマンエラーへのアプローチ
⑦翻訳チェック方法の考え方とフローの考え方

※東京開催と京都開催共に同じ内容で実施する予定。

講師 齊藤 貴昭 (一社)日本翻訳連盟理事
企画担当者 安達 久博 (株)サン・フレア
広神 宜典 (株)川村インターナショナル
形式 講義
定員 30名
企画協力 (一社)日本翻訳連盟

このページのトップへ戻る