• TCシンポジウム
  • 日本マニュアルコンテスト
  • TC技術検定
  • 関連リンク集

[print]

TCシンポジウム2018プログラム詳細

ミニセッション【京都開催】

タイトル

★各セッションに下記を記載しています。参加するセッションをお選びの際の参考にしてください。
(総合) 幅広い参加者を想定した内容
(応用) TCの活動領域を広げるための内容
(基本) TCの基礎を学ぶための内容

ミニ01(基本) 【基本確認シリーズ】
クイックスタートガイド制作におけるInDesign CC使いこなし講座
ミニ02(基本) 【基本確認シリーズ】
工事説明書制作におけるIllustrator CC使いこなし講座
ミニ03(総合) UX/CX 時代のUI 設計、試作におけるAdobe CC使いこなし講座
ミニ04(応用) 多品種少量マニュアル内製印刷化のツボ!
~マニュアル制作から印刷・配送まで一貫体制による顧客満足度向上~
ミニ05(応用) コンテンツ配信の新しい常識:CDPを考える
~コンテンツ配信の新常識CDP の可能性を最新事例と共にひも解きましょう~
ミニ06(総合) スマートグラスの実用化による ヒト×モノ×コトの変化
ミニ07(基本) 外部提供者の「パフォーマンス評価」の仕方
~品質マネジメントシステムに則ったマニュアル制作・翻訳業務の維持・改善~
ミニ08(総合) 使用説明におけるフォントの基礎と 標準UDフォント事情
ミニ09(総合) TC を軸としたVR 活用の可能性
~VRとの融合によって商品価値を伝える~

詳細

ミニ01(基本) 【基本確認シリーズ】
クイックスタートガイド制作におけるInDesign CC使いこなし講座
内容

■セッションの趣旨
マスターページの設計から画像やテキスト配置まで、InDesign CC を使いこなすことでマニュアル作成はもっと効率的に行える。本年はクイックスタートガイド(数ページ)を制作するというお題に基づき、制作作業手順に即して、不可欠な機能、便利な機能の活用方法を説明する。
初心者から中級者まで、実践的な制作ノウハウを学ぶ場として活用いただきたい。

■セッションのポイント
・ マスターページ(共通情報)による情報デザイン
・ テキスト流し込み
・ 効率的な画像配置とトリミング
・ 画像のキャプション
・ 見出しと段落、装飾
・ グラフィックスタイル
・ 折のある印刷物の制作(見開きに記載情報を押し込む時に使用する機能の紹介)
・ 検索・置換
・ ライブラリの活用
・ UD フォントなど視認性の高い文字Typekit の紹介
・ 読み上げ機能の活用を想定したアーティクル設定
・ PDF 書き出しのコツ
注:当日の聴講者の傾向に対応して、一部内容を一部変更する場合があります。

※東京開催と京都開催共に同じ内容で実施する予定。

パネリスト 大倉 寿子 アドビシステムズ(株)
企画担当者 黒田 聡 (株)情報システムエンジニアリング

ミニ02(基本) 【基本確認シリーズ】
工事説明書制作におけるIllustrator CC使いこなし講座
内容

■セッションの趣旨
メーカーの内製担当者、執筆担当者、制作ディレクション担当者自らが工事説明書を制作しなければならないことがある。本年は、CAD から取り込んだイラストを多用する工事説明書(1 ページ)を制作するというお題に基づき、制作作業手順に即して、不可欠な機能、便利な機能を説明する。
初心者から中級者まで、実践的な制作ノウハウを学ぶ場として活用いただきたい。

■セッションのポイント
・ 共通情報の配置のしかた
・ 画像配置のポイント
・ テキストの共通スタイル
・ ライブラリの活用
・ カラーの変更
・ UD フォントなど視認性の高い文字Typekit の紹介
・ カラーユニバーサルデザイン(CUDA) の校正確認
・ PDF 書き出しのコツ
・ CAD データ取り込みについて(Adobe CC 2018 限定)
・ CAD データの読み込みプラグイン紹介
注:当日の聴講者の傾向に対応して、一部内容を一部変更する場合があります。

※東京開催と京都開催共に同じ内容で実施する予定。

パネリスト 大倉 寿子 アドビシステムズ(株)
企画担当者 黒田 聡 (株)情報システムエンジニアリング

ミニ03(総合) UX/CX 時代のUI 設計、試作におけるAdobe CC使いこなし講座
内容

■セッションの趣旨
昨今、使用情報のWeb での発信、モバイルアプリを通じた提供が増加の傾向にある。その表現設計やユーザーインターフェースはより使いやすく、ユーザーに優しい設計が求められる。閲覧端末の画角がさまざまであることを想定して画面やUI の情報デザインを行うためには、新たなツールやワークフローが必要である。
Adobe CC には、これまでTC 関係者が注目していなかったツールが含まれている。本年はこれにスポットを当てて、新たな可能性を提示する。ワイヤーフレーム/ デザインカンプからプロトタイプ設計、共有までAdobe XD ならブラッシュアップの手戻りを短時間で終えることができる。
企画工程でのモックアップの作成、レビュー用動画作成など、UX/CX 設計での活用を紹介する。

■セッションのポイント
・ UX/CX 時代の新たなツール、新たなプロセスの必要性
・ 企画段階のワイヤーフレーム設計
・ デザインカンプへの落とし込み
・ 導線設計モックアップ
・ 製品操作画面の簡易動画
・ 担当者間のフィードバックの共有
注:当日の聴講者の傾向に対応して、一部内容を一部変更する場合があります。

※東京開催と京都開催共に同じ内容で実施する予定。

コーディネーター 森川 博 (株)リコー
パネリスト 大倉 寿子 アドビシステムズ(株)
企画担当者 黒田 聡 (株)情報システムエンジニアリング

ミニ04(応用) 多品種少量マニュアル内製印刷化のツボ!
~マニュアル制作から印刷・配送まで一貫体制による顧客満足度向上~
内容

■セッションの趣旨
計測・分析機器など取り扱う産業機器メーカーでは、製品のライフサイクル上、数十年にわたる製品マニュアルを提供する必要がある。改版も含めて膨大な数の製品マニュアルの印刷データを管理し、需要に応じて印刷物を迅速に提供するために、自社でオンデマンド印刷(POD)に取り組んでいる企業も増えている。
製品マニュアルの制作から印刷・配送まで自社で一気通貫した対応ができることで、新たな付加価値を提供できたり、生産性向上にも寄与できる。さらに、在庫資料の削減による環境経営への貢献も期待できる。
オンデマンド印刷から配送まで自社で対応している事例を通じて、マニュアルの制作との連携や業務プロセス改善における課題、顧客満足度を高める取り組みや将来の展望を探る。

■セッションのポイント
・ オンデマンド印刷に取り組んだ経緯を紹介する
・ オンデマンド印刷のメリット/デメリットを共有する
・ オンデマンド印刷および配送のQCD について現状と課題を共有する
・ 自社オンデマンド印刷が与える制作側へのプロセス改善を整理する
・ 顧客満足度向上の施策や将来への展望に向けた可能性を探る

コーディネーター 田中 謙司 (株)研文社
パネリスト 和田 浩一 アズビル(株)
企画担当者 岡 訓仁 アズビル(株)

ミニ05(応用) コンテンツ配信の新しい常識:CDPを考える
~コンテンツ配信の新常識CDP の可能性を最新事例と共にひも解きましょう~
内容

■セッションの趣旨
これまでの紙媒体を主とする配信から、トピックコンテンツによるコンテンツの多チャンネル、他デバイスでの配信の全てに最適化された配信の仕組み、CDP(Content Delivery Portal)への移行が、欧米のグローバル企業において、AR やChatbot などの新しいテクノロジーと同期する形で急速に進んでいます。企業の取り組みとしてCX の重要性が増し、ネット経由で様々な機器からアクセスが可能な、ポータルサイトに高度な検索機能やアナリティクス機能をもたせ、部門のマーケティングや、より対話型のサポートサイトと統合していくというテクノロジーがグローバル企業の多くで採用されています。本セッションでは、AR やChatbot とは異なるCDP を、より狭い意味でのDynamic Delivery を包括する配信のプラットフォームとして位置づけ、ARやChatbot、さらには昨今のAI の進化との関連性も議論し、欧米の事例の見える化などをデモとして取り上げ、基本的な機能を紹介し、国内での普及のための議論ををおこなう。

■セッションのポイント
・ 欧米のCDP の事例をを紹介する
・ トピックコンテンツとの関係性を議論する
・ レガシーなWebHelp やPDF 自動組版との関係性を議論する
・ タクソノミー、Classification、メタデータとの関係性を議論する
・ 承認のフローやUGC について議論する
・ 品質担保について議論する
・ LIVE Document
・ Connected Document
・ 閲覧履歴管理とパーソナライゼーション
・ メタデータ標準化とAI の活用
・ My Document の活用方法
・ 現場の知見の共有

※東京開催と京都開催共に同じ内容で実施する予定。

コーディネーター 関根 哲也 インフォパース(株
パネリスト 樋川 恭平 (株)リナレッジ
村田 展俊 IXIASOFT(株)
企画担当者 福間 俊治 (株)パセイジ

ミニ06(総合) スマートグラスの実用化による ヒト×モノ×コトの変化
内容

■セッションの趣旨
昨年から急速にウェアラブルデバイスへの期待が高まっている。
ウエアラブルデバイスの中でもスマートグラスについては10 年以上前から存在していたが、技術の進歩により日常で使用出来る可能性が見えてきた。
本セッションではスマートグラスの製造、保守、サービスの現場での活用事例を紹介しながら、各デバイスの特徴並びにその課題と今後の可能性についてディスカッションする。

■セッションのポイント
・ ウエアラブルデバイスで扱うマニュアルのカタチとは?
・ どのようなシーンで使われるのか?
・ デバイスで提供するコンテンツ(マニュアル)に必要な条件とは?

※東京開催と京都開催共に同じ内容で実施する予定。

コーディネーター 小村 智明 アベイズム(株)
パネリスト 座安 剛史 (株)Enhanlabo
福田 登仁 ウエストユニティス(株)
企画担当者 下拂 伸一 アベイズム(株)

ミニ07(基本) 外部提供者の「パフォーマンス評価」の仕方
~品質マネジメントシステムに則ったマニュアル制作・翻訳業務の維持・改善~
内容

■セッションの趣旨
製品や部品の検査データ改ざん、捏造が発覚したことにより、改めて品質管理の徹底、再発防止が叫ばれており、品質マネジメントシステム「ISO9001」の維持・更新に対して外部審査機関から厳しい目が向けられている。製品はもとより製品マニュアルの制作工程においても内部監査、外部審査ともに厳しさが増している。
最新ISO9001:2015 では外部提供者の「パフォーマンス評価」に関する要求が追加され、外部に制作を委託したマニュアルについて、その管理および監視が必須とされている。
本セッションでは外製マニュアルに着目し、外部提供者の評価、選択、パフォーマンスのモニターおよび再評価を行う上でのポイントや課題について実例をもとに探る。
*本セッションは昨年(2017 年)のTC シンポジウム東京で実施したミニセッション「制作業務の外部発注のあり方」をベースに一部内容を見直して今年(2018 年)京都で実施するものです。

■セッションのポイント
・ 外部提供者への発注事例を紹介する
・ パフォーマンス評価に必要な項目を整理する
・ 上記項目に対するチェックポイントを確認する
・ 外部発注マニュアルの品質管理について課題を共有する
・ マニュアルのトータルな品質維持・向上に向けた展望を探る

コーディネーター 冨澤 聡 リコークリエイティブサービス(株)
パネリスト 高橋 峰夫 (株)島津製作所
企画担当者 岡 訓仁 アズビル(株)

ミニ08(総合) 使用説明におけるフォントの基礎と 標準UDフォント事情
内容

■セッションの趣旨
2017 年度は「フォントの基礎」と「中国のフォント事情」を紹介。
今回は、フォントの基礎を学び、UD フォントの最新動向を紹介する。
また、使用説明以外の表示媒体におけるUD フォントの導入事例も紹介する。
更に、海外におけるフォント事情や採用事例についても紹介する。

■セッションのポイント
・ 最初にフォントの基礎を学ぶ
・ UD フォントの最新動向と他の媒体における事例を紹介
・ 海外のフォント事情から、日本との相違点について深堀を行なう
・ 更に、採用事例から使用説明に適したフォントは何かを探る

コーディネーター 寺田 安夫 パナソニック(株)
パネリスト 水野 昭 (株)イワタ
企画担当者 清水 一典 パナソニック( 株)

ミニ09(総合) TC を軸としたVR 活用の可能性
~VRとの融合によって商品価値を伝える~
内容

■セッションの趣旨
近年、紙媒体説明書は動画やデジタルコンテンツとの融合によってその表現手法を拡大してきている。
VR 技術は、製品の仕様、分解状態を実物大で体感することもできる。
TC の分野においてもその可能性を発揮できるのか。
具体的な事例を題材にしながら、TC とVR の融合について検証する。

■セッションのポイント
・ TC 単独での表現、伝えられていることの現状
・ VR を活用した事例紹介
・ TC とVR を融合することで生まれる可能性について
・ VR を用いることの課題について

コーディネーター 蓮沼 規伊子 デジタル総合印刷(株)
パネリスト 中原 司郎 パナソニックエコソリューションズクリエイツ(株)
山田 悦志 デジタル総合印刷(株)
企画担当者 松本 雄仁 (株)ダイテック
企画協力 デジタル総合印刷(株)

このページのトップへ戻る