• TCシンポジウム
  • 日本マニュアルコンテスト
  • TC技術検定
  • 関連リンク集

[print]

TCシンポジウム2018プログラム詳細

基調講演


基調講演【東京開催】



渡邊 恵太
(わたなべ けいた)氏

明治大学 総合数理学部
先端メディアサイエンス学科
准教授 博士
シードルインタラクションデザイン(株)
代表取締役社長

■プロフィール
専門:
インタラクションデザイン、ヒューマンコンピュータインタラクション知覚や身体性を活かしたインターフェイスデザインやネットを前提としたインタラクション手法を研究開発。
主な著書『融けるデザイン ハード×ソフト×ネットの時代の新たな設計論』
研究:
・ 情報と身体を結びつける自己帰属感とそのインタラクション手法の研究
・ 脱ブラウザ化(IoT など)を前提にした新しいインターネット体験の研究
・ 即応的な創造を可能にするツール、環境の研究

テーマ 1

IoT 時代のインタラクションデザイン
~生活や身体に融け込むIoT デザインの考え方~

講演概要

多くの企業が新しいタッチポイントとしてスマホのアプリやウェブサー ビスを展開しています。一方で身近になったスマートフォンも一等地の 1 画面目はよく使うアプリで固定化されてしまっています。その他のス クリーンもアプリで溢れているのが現状でしょう。こうした状況におい てIoT は人々に新たなタッチポイント提供のチャンスとなります。

そういったIoT ではインタラクションデザインが重要になります。モノ には画面があるとは限りませんし、集中的に利用するよりも活動の中の ごく一部を担うようなタッチポイントになることが多いからです。本講 演では生活や身体に融け込むテクノロジーのあり方をデモビデオやデモ ンストレーションを通じて実例を紹介しながら、IoT とインタラクショ ンデザインの考え方について紹介していきます。



講演者

河野 孝史
(こうの たかし)氏

経済産業省
商務情報政策局
情報経済課
課長補佐(総括)

注:一部内容を変更する場合があります。

テーマ 2

Connected Industries 実現に向けたデータ政策 の進捗と今後について

講演概要

経済産業省が提唱するConnected Industries(以降、CI)は、データを介して従来つながっていなかった機械や技術、人などさまざまなものが組織や国境を越えてつながることにより新たな付加価値の創出や社会課題の解決を目指す産業のあり方です。2017 年3 月にドイツで開催されたCeBIT で発信し、10 月のCEATEC で『CI 東京イニシアティブ2017』を発表しました。

重点分野として『自動走行・モビリティサービス』、『ものづくり・ロボティクス』、『バイオ・素材』、『プラント・インフラ保安』、『スマートライフ』の5 つを特定し、取組の加速化を図っているところですが、こうした取組はその他あらゆる分野にも影響し、例えば中小企業の生産性向上や製造業の品質保証体制の強化にもつながります。

この講演では、CI に関連した最新の取組及び今後の展望について、概説 をさせていただきます。



基調講演【京都開催】



樋口 泰行
(ひぐち やすゆき)氏

パナソニック(株)
代表取締役 専務執行役員

テーマ1

日本企業における風土改革・働き方改革について

講演概要

現代の企業は様々な問題を抱えています。働き方改革やダイバーシティ への対応、新しい時代への戦略転換や経営層含めた社員のマインドチェ ンジの遅れが引き起こす国際競争力の低下など、パナソニックが抱える 課題は日本の企業が抱えている課題と共通しています。

日本HP、日本マイクロソフトなどの経営に携わった後、パナソニック へ25 年振りに復帰し、社内カンパニー「コネクティッドソリューショ ンズ社(CNS 社)」社長に就任した樋口氏が取り組んだ持続的な成長を 実現させるための様々な「変革」について、そして変革の先にある日本 企業のあるべき働き方について、「どう変わったらいいのか」「何をした らいいのか」を中心に、パナソニック社内の事例などを交えながら語っ ていただきます。

■プロフィール <学歴>
1980 年3 月 大阪大学 工学部 卒業
1991 年 ハーバード大学 経営大学院 卒業
<職歴>
1980 年4 月 松下電器産業株式会社 入社
1992 年 株式会社ボストンコンサルティンググループ 入社
1994 年 アップルコンピューター株式会社 入社
1997 年 コンパックコンピューター株式会社 入社
2003 年 日本ヒューレット・パッカード株式会社 代表取締役社長
2005 年 株式会社ダイエー 代表取締役社長
2006 年 同社 顧問
2007 年3 月 マイクロソフト株式会社(現日本マイクロソフト株式会社)
代表執行役 兼 COO
2008 年4 月 同社 代表執行役 社長
(兼)マイクロソフトコーポレーション副社長
2015 年7 月 日本マイクロソフト株式会社 代表執行役 会長
2016 年7 月 同社 執行役員 会長
2017 年4 月 パナソニック株式会社 専務役員
コネクティッドソリューションズ社 社長
2017 年6 月 同社 代表取締役 専務執行役員


講演者


石原 康行
(いしはら やすゆき)氏

経済産業省
近畿経済産業局
産業部 次長

テーマ 2

Connected Industries と過去から2025年に向けた新発想ビジネス創出への期待について

講演概要

経済産業省が提唱するConnected Industries(以降、CI)は、データを介して従来つながっていなかった機械や技術、人などさまざまなものが組織や国境を越えてつながることにより新たな付加価値の創出や社会課題の解決を目指す産業のあり方です。
本講演では、このようなCIを巡る内外の動向及び、過去の未来予測アイデアや現代のユニークなビジネス事例等を踏まえ、弱点を長所に変える発想や感性への訴求など、これまでの概念を変える新たなビジネスに至る発想を例示し、2025年頃を想定した新発想ビジネス発起を問いかけます。また、新発想ビジネス輩出を可能とする人材像や社会の仮説などをご提案いたします。