• TCシンポジウム
  • 日本マニュアルコンテスト
  • TC技術検定
  • 関連リンク集

[print]

TCシンポジウム2017プログラム詳細

パネルディスカッション【京都開催】

タイトル

★各セッションに下記を記載しています。参加するセッションをお選びの際の参考にしてください。
(総合) 幅広い参加者を想定した内容
(応用) TCの活動領域を広げるための内容
(基本) TCの基礎を学ぶための内容

パ01 "高生産性社会"におけるTCのチカラと育て方
パ02 IoT時代のテクニカルコミュニケーション 2017
~TCがサービス改善、新サービス創造、製品開発に貢献するためには~
パ03 TC カフェ 2017
~制作ディレクター&制作営業 プレゼンス向上講座~
パ04 初めての製品を説明するときの課題
パ05 IEC82079-1を活用したマニュアル企画書の運用
パ06 読みたくなるトリセツ
~トリセツのプレゼンス(存在価値)を高めよう~
パ07 校正の達人に聞く
パ08 人工知能(AI)をTC 制作に活かす!
~AIによる生産性向上を考える最初の一歩~
パ09 BtoB製品マニュアルの翻訳のポイント
~技術翻訳に不可欠な要素とは?~

詳細

       
パ01(総合) "高生産性社会"におけるTCのチカラと育て方
内容

■ディスカッションの趣旨
働き方改革の推進により、" 高生産性社会" へのシフトが始まっている。
" 高生産性社会" では、どのようなTC 技術(TC のチカラ)が求められるのか、そのスキルを洗い出し、「TC のチカラ」を高めるための人材育成や組織力の在り方を探る。
また、中途採用者や他部門から受け入れた、さまざまなキャリアの人材育成・活用を通じ、「キャリアチェンジで活きる(活かす)TC のチカラ」について、ディスカッションする。

■ディスカッションのポイント
・ " 高生産性社会" における「TC のチカラ」を洗い出す
・ 「TC のチカラ」を習得してもらうことの、組織としての有効性と課題を共有する
・ 中途採用者、他部門からの異動者、シニアなどを活かす育成方法や組織力を探る


コーディネーター安岡  仁之 (株)ヒューマンサイエンス
パネリスト上野 由紀子 DMG 森精機(株)
久保 浩之 マツダエース(株)
仲谷 幸嗣 (株)トランスワード  
企画担当者 岡 訓仁 アズビル(株)  
企画協力 峰本 恵美子 (株)ダイテック  

パ02(総合) IoT時代のテクニカルコミュニケーション 2017
~TCがサービス改善、新サービス創造、製品開発に貢献するためには~
内容

■ディスカッションの趣旨
昨年のTC シンポジウムでは、マニュアルの現状と将来像を欧州のキーテクノロジーを背景に議論した。その結果、技術ドキュメントは、今までの一方的配信から製品の機能の一部としてユーザーとつながり、ユーザーとのコミュニケーションツールとして、サービス改善や新サービスの創造、さらに製品開発に貢献することにより、IoT 時代の使用情報の役割を果たせるとした。また、ド イツのインダストリー4.0 でも、同様なことがトライ中であることがわかった。
昨年は、こんなことが出来そうであると言う将来像についての議論であったが、今年のセッションでは、実行可能なこと、取り組もうとしていること、および予算を獲得するためには、まで踏み込んで議論したい。

■ディスカッションのポイント
・昨年のセッションのおさらい
昨年未聴講の方でも理解いただけるよう、まず昨年のセッションを振り返ったうえで、以下の議論を進める。
・ ドイツのインダストリー4.0 の現状は
・ IoT におけるTC の関わり方
 ― つながる機器
 ― ネット上にあるサポート情報とマニュアル
 ― 熟練した読者のノウハウ活用
 ― ネットにつながらないユーザーへの対応
・ 予算獲得のためには
・ 企業間、異業種間の垣根を超えたつながりを実現するには


コーディネーター 鷲田  政義 (有)デジックス・システムズ
パネリスト 石川 秀明 ヤマハ(株)
黒田 聡 (株)情報システムエンジニアリング
中原 司郎 パナソニックエコソリューションズクリエイツ(株)
企画担当者 西田 健男 TC シンポジウム関西実行委員
企画協力 島本 龍一 (有)デジックス・システムズ

パ03(基本) TC カフェ 2017
~制作ディレクター&制作営業 プレゼンス向上講座~
内容

■ディスカッションの趣旨
昨今、技術の進歩や社会情勢などに応じて、マニュアル制作の現場に求めらる知識やスキルも変化し、より複雑化している。新しい技術や環境にいち早く対応しなければならないのが、実はディレクターであり、営業である。制作物の出来・不出来は進行のスムーズさで決まるといっても過言ではなく、そのスケジュールを握るのはディレクターであり、営業である。しかも制作の成否は企業の業績にも直結し、それを担っているのもディレクターであり、営業なのだ。そこで、今年のTCカフェは「制作ディレクター&制作営業 プレゼンス向上講座」と銘打ち、マニュアル制作の要として、現場から信頼されるディレクター、営業になるためのスキルや心得を語り合い、学び合う。

■ディスカッションのポイント
・制作ディレクターの役割と心得、制作営業の役割と心得
・現場をスムーズに進めるスケジューリングのコツ
・多言語展開の進め方と仕切り方
・トラブルの未然防止&トラブルが起きてしまったら
・自律的に考え、目標を達成する人材の育成
などなど、新人、中堅、ベテラン問わず、聞きたいこと、話したいことが山ほどあるはず。日ごろの疑問や悩みをTC カフェにぶつけよう。
※本セッションは、パネリストが一方向で知識や技術を伝達するスタイルは取らず、パネリストと会場の皆さまが双方向で考えたり、オープンに語り合うアクティブ・ラーニング形式で進行する。

コーディネーター 下拂 伸一 アベイズム(株)
パネリスト 岡本 浩 (有)ユーザーフレンドリー
小松 智 パナソニック スマートファクトリーソリューションズ(株)
芳垣 玲子 (株)人材育成社
企画担当者 関 和佳代 (株)パセイジ

パ04(基本) 初めての製品を説明するときの課題
内容

■ディスカッションの趣旨
取扱説明書は作り直しで作られることが多い。それは、製品が継続される物であり、そこへ機能が付加されることが普通だからである。しかしどんな製品にも初めての製品があり、ユーザーがイメージできない製品、ユーザーのイメージと違ってしまう製品がある。
初めての製品を説明するための手がかりや誤解を避け方を、実例を踏まえてディスカッションする。

■ディスカッションのポイント
・ お尻を洗うってなに?・・・・・ウォシュレットを説明する
・ 留守中にお掃除できます・・・・ロボット掃除機を説明する
・ コピーじゃないんです・・・・・小型印刷機を説明する
・ これまでとは違う製品の説明ポイント
・ 市場認知と説明の変化
・ 販売促進と取扱説明書の役割


コーディネーター 清水 義孝 (株)クレステック
パネリスト 青柳 尚樹 TOTO(株)
小山 文子 理想科学工業(株)
治武 香 パナソニック(株)
企画担当者 工藤 亜望 TOTO(株)

パ05(応用) IEC82079-1を活用したマニュアル企画書の運用
内容

■ディスカッションの趣旨
マニュアル制作部門が、マーケティングや開発など他部門とのコミュニケーションを取る場合、会話の前提となるマニュアル制作の計画やコンセプトを「マニュアル企画書」のかたちにまとめておくことで、より明確にコミュニケーションができる。
このマニュアル企画書を運用する場合、どのような情報をまとめ、どのようなプロセスで運用していくかについては、明確な基準がなく、それぞれの組織で試行錯誤をしているのが現状である。 そこで、マニュアル企画書の要件を選定する参考基準として、国際規格IEC82079-1 の内容を活用し、より運用しやすく、基準の明確なマニュアル仕様書を作るヒントを探る。また、関連する他部門との良好な関係を構築し、ユーザーに有益な使用説明を提供できる環境を、マニュアル制作部門が先頭に立って構築するにはどうすればよいか、他部門との関わり方についても議論する。

■ディスカッションのポイント
・ 本セッションの意図の確認
・ IEC82079-1 に記載されている主なポイントの整理
・ マニュアル企画書のフォーマットに入れるべき内容と必要なプロセス
・ マーケティング部門や開発部門との関わり方


コーディネーター 黒田 聡 (株)情報システムエンジニアリング
パネリスト 石川 秀明 ヤマハ(株)
中村 健次郎 (株)クレステック
渡邉 和信 アズビル(株)
企画担当者 上野 由紀子 DMG 森精機(株)
岡本 浩 (有)ユーザーフレンドリー

パ06(応用) 読みたくなるトリセツ
~トリセツのプレゼンス(存在価値)を高めよう~
内容

■ディスカッションの趣旨
ユーザーはトリセツを読まないと言う。
トリセツの情報は、ユーザーと製品、社会状況によって、読んで欲しい内容やタイミングが異なっている。正しいタイミングで読めば、役立つ情報が必ず含まれているはずだ。
役立つ情報をアピールし、魅力的な(プレゼンスが高い)トリセツにするための方法を議論する。
このセッションでは、コンシューマー向けトリセツの内容を主体に議論する。

■ディスカッションのポイント
・ どのような理由でトリセツを読ませたいか
・ 消費者がどのように感じているのか
・ ターゲットユーザーがずれていないか?
・ トリセツの内容はいつも同じか?
・ どういった使用説明が読んでみたくなるのか
・ イラストと色の使い方、余白の使い方(レイアウト)
・ 表現方法として、マンガ、AR、インフォグラフィックなど
・ 紙以外の提供の仕方


コーディネーター 中原 司郎 パナソニックエコソリューションズ クリエイツ(株)
パネリスト 安藤 昌也 千葉工業大学教授
清水 義孝 (株)クレステック
山垣  充 (株)第一創版
企画担当者 小松  智 パナソニック スマートファクトリーソリューションズ(株)

パ07(基本) 校正の達人に聞く
内容

■ディスカッションの趣旨
校正作業をする際、「この人に見てもらったら安心」という人がどこにでもいるようだ。このような「校正の達人」が普段行っている取り組みを聞くことで、校正の品質向上に向けての生産性を上げるヒントとしてもらいたい。なお、このパネルディスカッションでは、記載内容の妥当性をチェックする「査読」と、文章としての妥当性をチェックする「校閲」について話を聞く。

■ディスカッションのポイント
このパネルディスカッションでは、次の流れで「校正の達人」の話を聞く。
・チェックリストの使い方、作り方
・校正の際の心構え・普段から心がけていること
・普段、気になること
・時間の使い方
・経験談


コーディネーター 白井 宏三 螢印刷(株)
パネリスト 木下 彰二 (有)共同制作社
久保 達昭 (株)ハル
樋口 史代 パナソニック(株)
企画担当者 木谷 千鶴 タイガー魔法瓶(株)
細田 達幸 パナソニック(株)

パ08(総合) 人工知能(AI)をTC 制作に活かす!
~AIによる生産性向上を考える最初の一歩~
内容

■ディスカッションの趣旨
人工知能(AI)の社会的実用化が進むなか、TC の現場でもAI 活用の検討が始まっている。
ここ数年、AI は著しい進化・発展を遂げているが、そもそもAI がTC にどう関わってくるのか、AI をどう活用するのか、疑問に思う部分は多い。AI 活用の検討を進めるには、まずAI を身近なものにして、AI がもたらす影響を把握しておく必要がある。本セッションでは、東京で8/25 に開催する「創設25 周年記念イベント AI & ICT 活用に挑む!」のエッセンスに触れ、実務者視 点でのAI 活用についての議論を深めたい。

■ディスカッションのポイント
本セッションでは、最初にAI の基礎や最新事例・サービスの紹介をとおしてAI への理解を深め、AI が業務に与える影響、メリットなどを整理し、参加者からの疑問・質問などを適宜取り込みながら業務への活用とその効果について深く検討を進める。
 ① AI って何? AI のキソと最新事例
 ② AI でTC は変わるのか?
  - AI を業務で使うために必要なこと・スキルは?
  - TC 業務でAI に適していること/適さないこと
 ③ TCから見たAIのトレンド、導入・活用にまつわる懸念
 ④現場におけるAI のギモン
  - AI によって生産性は向上するのか?
  - 既存資産や既存ノウハウは活かせるのか?
 ⑤ AI のTC 制作現場における活用課題とその解決案

※①②は、東京で8/25 に開催される「創設25 周年記念イベント AI & ICT 活用に挑む!」の内容をエッセンスとして紹介。③~⑤は京都開催に特化した内容で、ディープラーニングにこだわらず従来の機械学習も取り扱います。


コーディネーター 豊島 崇泰 (株)富士通ラーニングメディア
パネリスト 小野 良太 AI TOKYO LAB(株)
黒田 聡 (株)情報システムエンジニアリング
野村 元伯 アベイズム(株)
企画担当者 下拂 伸一   アベイズム(株)
企画協力 永井 浩史 富士通( 株)

パ09(応用) BtoB製品マニュアルの翻訳のポイント
~技術翻訳に不可欠な要素とは?~
内容

■ディスカッションの趣旨
日本のメーカーがその製品を海外展開していくにあたり「翻訳」は製品の技術情報、機能、取扱い方法を正しく伝える重要な工程である。その一方で、翻訳者の製品・業界に関する知識不足が原因で誤った情報が発信されてしまう危険をはらむ工程でもある。日本企業が世界に誇る製品の技術情報を正確に、明快に、簡潔に海外に発信するためには何が必要か?翻訳品質の向上(技術用語の重要性)、それに関わる翻訳者、コーディネーター(テクニカルライター)のプレゼンスを語るパネルディスカッション。

■ディスカッションのポイント
正確でわかりやすい翻訳を導き出すには何が必要か。BtoB 製品のマニュアルを例として、メーカー、制作会社の取組み、翻訳者の専門的力量に焦点をあて品質改善策を探っていく。

コーディネーター 森口 功造 (株)川村インターナショナル
パネリスト 久保田 正 アズビル(株)
小松原 薫 アベイズム(株)
白木 利幸 ヤマハ発動機(株)
企画担当者 下拂 伸一 アベイズム(株)

このページのトップへ戻る