• TCシンポジウム
  • 日本マニュアルコンテスト
  • 関連リンク集

[print]

TCシンポジウム2016プログラム詳細

協会発表【京都開催】

タイトル

協01 外国語教育における3D プリンティングベースのプログラムを用いたタスクベーステクニカルコミュニケーション
協02 日本語スタイルガイド第3 版対応ATOK・JustRight!データ集の紹介

詳細

協01 外国語教育における3D プリンティングベースのプログラムを用いたタスクベーステクニカルコミュニケーション
キーワード人材育成
内容

3D プリンティングを基にした語学教育のプログラムは独特であり、テクニカルコミュニケーションと第二言語学習におけるテクノロジーの応用にて学術的に新分野を探求する機会でもある。このようなタスクベース(課題を中心とする)語学教授法は学習者がe- マネジメント、e- ガバナンスにおける課題とテクノロジーのアイディアの実行について熟考し、より良い分析をするために役立つと考えられる。その過程において、革新的な起業家精神とリーダーシップが養われることが期待でき、結果的に極めて知的で金融投資を備えたデジタルコミュニティの構築に向けた出発点となる。本稿はタスクベース学習のテクニカルコミュニケーションの指導において、新たな産業革命、および様々な機会を提供しビジネスアイディアの創意工夫の足がかりとなる3D プリンティングを紹介する。本稿はテクニカルコミュニケーションと福島県の東日本大震災からの経済復興に関する学術的研究計画における3D プリンティングの展望について述べる。特にプロジェクト管理能力と知的資産を啓発するために、L1(母国語話者)とL2(外国語として英語を学んだ場合を含めた、英語の非母国語話者)教育に適合できる3D プリントを用いた手法について議論する。

発表者 Prof. Dr. Debopriyo Roy   会津大学
注意事項 英語での発表になります。配布資料については日本語で用意いたします。

協02 日本語スタイルガイド第3 版対応ATOK・JustRight!データ集の紹介
キーワード品質管理   自動化
内容

TC 協会は、株式会社ジャストシステムと共同で日本語スタイルガイド初版に対応した「日本語スタイルガイド対応ATOK・JustRight! データ集」を開発し、2010 年3 月から無償提供しておりました。このたび、2015 年9 月公開の外来語(カタカナ)表記ガイドライン第3 版、および2016 年4 月発売の日本語スタイルガイド第3 版を受け、ATOK・JustRight! データ集を更新いたしました。第3 版対応として、下記への対応状況を更新しています。
・ 付録2 改定常用漢字表への対応(Just Right! 4 以降のみ)
・ 付録3 外来語(カタカナ)表記ガイドライン第3 版への対応
・ Just Right! 5 Pro での動作確認

本データ集を円滑に取り込みいただくために活用法を含めて紹介します。

発表者 細田 達幸   パナソニック(株) カタカナ表記ガイドライン改訂WG 主査
若山 陽介   (株)情報システムエンジニアリング
企画担当 山崎 敏正   TC 協会

このページのトップへ戻る