• TCシンポジウム
  • 日本マニュアルコンテスト
  • TC技術検定
  • 関連リンク集

[print]

TCシンポジウム2016プログラム詳細

ミニセッション【東京開催】

タイトル

★各セッションに下記を記載しています。参加するセッションをお選びの際の参考にしてください。
(総合) 幅広い参加者を想定した内容
(応用) TCの活動領域を広げるための内容
(基本) TCの基礎を学ぶための内容

ミニ01 FrameMaker 同好会2016
ミニ02 クラウド化する翻訳技術
~今後の活用の道筋~
ミニ03 マニュアル制作組織のあるべき姿
~イノベーティブな組織の実現に向けて~
ミニ04 誰もがわかる、認識できるメディア・ユニバーサルデザインとは?
ミニ05 文書作成における接続詞の役割
~接続詞を使うと文書は論理的になるのか~
ミニ06 3DCADデータのマニュアル制作現場での活用法
~3D PDFの可能性~
ミニ07 グローバル時代の日本語の進化
~日本人のための日本語マニュアル~

詳細

ミニ01(総合) FrameMaker 同好会2016
キーワードプロセス改革  自動化
内容

■セッションの趣旨
マニュアル制作の分野で幅広く使われていながら、日常業務での使いこなしに関する情報はなかなか集まらないFrameMaker。そんなFrameMaker についてユーザー同士で使いこなしについて情報交換したい。2 年目の今年は、「FrameMaker でここまでできる」をテーマに、FrameMakerを使いこなすことでどんなことができるのか、実例をベースに話し合いたい。

■セッションのポイント
・ FrameMaker の最新事情の紹介
・ FrameMaker だけでここまでできる~究極使いこなし技紹介~
・ FrameScript、ExtendScript の概要、使いこなしのポイント
・プラグインの活用

■セッションの流れ
FrameMaker を日々の業務で隅々まで使いこなしている、石川、関根両氏が、意外に知られていない使いこなし技について紹介し、「FrameMaker を使いこなすことでここまでできる」ということを示す。また「同好会」なので、会場の参加者からの情報提供や質問などもできるだけ広く取り上げ、進行したい。

コーディネーター 大石 浩史  ヤマハ(株)
パネリスト 石川 輝樹  (株)アミット
関根 哲也 インフォパース(株)
仁村 一利 アドビシステムズ(株)
企画担当者 高野 敏雄 アベイズム(株)

ミニ02(応用) クラウド化する翻訳技術
~今後の活用の道筋~
キーワードグローバル展開  プロセス改革
内容

■セッションの趣旨
昨今、急速に活用が進んでいるクラウドベースのTMS(翻訳管理システム)について、普及し始めている背景を説明する。また、レガシー(古い)なテクノロジーと比較することによって新しいテクノロジーの利点や課題も議論し、欧米でなぜテクノロジーの移行が進んでいるのかについて解説し、国内における活用への道筋とする。

■セッションのポイント
欧米での普及に比べなぜ国内ではその活用が進んでいないのか? 様々なポイントからレガシーのテクノロジーと新しいクラウドベースのテクノロジーを比較し、欧米の代表的な活用事例なども交え、参加者にクラウドベースの新しいテクノロジーを紐解き、参加者の不安や解消する情報提供の場とする。

■セッションの流れ
1. 導入(テクノロジーの説明と背景)
2. レガシーのテクノロジーとクラウドベースの新しいテクノロジーの比較
(メインのディスカッションポイント)
3. 各ソリューションの事例紹介
4. Q&A および総括

コーディネーター 上田 有佳子   ネットアップ(株)
パネリスト 加藤 じゅんこ Memsource メムソース
関根 哲也  インフォパース(株)
目次 由美子 XTM International
企画担当者 森口 功造  (株)川村インターナショナル

ミニ03(総合) マニュアル制作組織のあるべき姿
~イノベーティブな組織の実現に向けて~
キーワード構造改革   ダイバーシティ
内容

■セッションの趣旨
内製でマニュアルを制作する企業は多いが、事業ごとに開発や品証、マーケティング部門の中でマニュアル専任者を置く企業もあれば、マニュアル制作部門が統合し、専門家集団として全社最適化を図る企業もある。また、組織内におけるチーム構成も、ライティングや編集といったスキルベースが良いのか製品や事業の特性を知っている事業ラインベースが良いのか議論の分かれるところである。マニュアル制作部門の価値を高めイノベーティブな組織集団の実現に向けた議論を行う。

■セッションのポイント
・ 組織構造の違いと変遷
・ そのメリット/ デメリット
・ 組織構造の要因
・ 組織構造と付加価値の関係
・ イノベーションを生む組織とその取り組み

■セッションの流れ
1. それぞれの企業の実情を紹介したのち、その組織構造の運用上のメリット、デメリットを整理する
2. 組織構造に影響を与える要因と生み出される価値の源泉を分析する
3. マニュアル制作部門の価値を高めるための組織構造や取り組みについて、可能性を探る

コーディネーター 須藤 悦夫  (株)ユニビジョン
パネリスト 川島 康治  アズビル(株)
添田 良輔  富士ソフト(株)
企画担当者 岡 訓仁  アズビル(株)
三宅 早智  (株)インターネットイニシアティブ

ミニ04(基本) 誰もがわかる、認識できるメディア・ユニバーサルデザインとは?
キーワードグローバル展開  コミュニケーション力
内容

■セッションの趣旨
平成28 年4 月から施行された「障害者差別解消法」をご存知だろうか?
全ての国民が、障がい有無によって分け隔てられることなく、相互に人格と個性を尊重し合いながら共生する社会の実現に向け、障がいを理由とする差別の解消を推進することを目的とした法律が制定された。
テクニカルコミュニケーターとしての対応が必須であるが、具体的にはどのようなことが必要なのだろう。
色覚障がいの方へのカラーユニバーサル対応以外にも、高齢者への色覚、フォントの大きさ、行間などの配慮もとりあげる。
本セッションでは障がい者に関しての対応のみではなくて、健常者も理解できるメディア・ユニバーサルデザインについて考えてみたい。

■セッションのポイント
色覚障がい者、高齢者のための色使い注意点というのではなくて、健常者も理解でき、両立できるカラーデザインとは何か?
及び、UD フォントに関しては「使いこなす」ことが重要である。

■セッションの流れ
1「. 障害者差別解消法」とはどういうものなのか、そしてこれに適用していくための TC とはなにかを事例をもって紹介する。
2. 障がい者、高齢者と健常者が共に受け入れられるメディア・ユニバーサルデザインについて考える。

コーディネーター 牧田 克彦 (株)リコー
パネリスト 伊藤 裕道 メディア・ユニバーサル・デザイン協会
企画担当 菊池 英夫 リコークリエイティブサービス(株)

ミニ05(総合) 文書作成における接続詞の役割
~接続詞を使うと文書は論理的になるのか~
キーワードコミュニケーション力  品質管理
内容

■セッションの趣旨
接続詞は、読み手に内容をわかりやすく、かつ論理的に伝えるのに欠かせない道具である。しかし、接続詞を使えば使うほど内容がわかりやすくなるわけでも、文書が論理的になるわけでもない。接続詞の使用にさいしてはある種の「勘どころ」を押さえることが重要である。本パネルでは、そうした接続詞の「勘どころ」について、言語研究者の立場からお伝えするものである。

■セッションのポイント
1. 接続詞とは何か?:英語の接続詞との違い
2. 接続詞はどこにあるか?:文頭の接続詞と文末の接続詞
3. 接続詞は文書作成に役立つか?:発想の開拓装置としての接続詞
4. 接続詞を使うと文書は論理的になるか?:接続詞の論理性と非論理性
5. 接続詞は2文をつなぐものか?:接続詞の出現パターンと文書の全体構成

■セッションの流れ
本パネルの企画の経緯およびその後のディスカッションの流れについて、コーディネーターの中村が最初に紹介を行う。引き続き、上記の1. ~ 5. の問いに答える形で、国立国語研究所の石黒がビジネス文書作成における接続詞の使用の「勘どころ」について紹介していき、最後にその「勘どころ」をまとめて示したあと、参加者の方々の質問やコメントをいただくなかで接続詞についての議論を深めたい。

コーディネーター 中村 哲三 (株)エレクトロスイスジャパン
パネリスト 石黒 圭 国立国語研究所
企画担当 島田 能里子 TC 協会

ミニ06(応用) 3DCADデータのマニュアル制作現場での活用法
~3D PDFの可能性~
キーワードプロセス改革
内容

■セッションの趣旨
自動車・産業機械の分野では、サービスマニュアルの現場で、3DCAD データの活用が進んでいる。 製品の分解・点検・調整など手順の説明だけでなく、部品情報と連携させてパーツカタログまで応用範囲を拡げている。他の様々な業種や現場への展開、トリセツ制作現場での活用方法を探る。

■セッションのポイント
3DCAD がどのように活用できるか、会場とのコミュニケーションを交えながらセッションを進めていきたい。

■セッションの流れ
前半で3D PDF を利用した3DCAD の制作事例を紹介、後半ではその活用範囲について質疑しながら今後の可能性、課題について議論していく。

コーディネーター 上坂 上 アベイズム(株)
パネリスト 桶谷 滋樹 スマートスケープ(株)
牧田 克彦 (株)リコー
企画担当 下拂 伸一 アベイズム(株)

ミニ07(総合) グローバル時代の日本語の進化
~日本人のための日本語マニュアル~
キーワードグローバル展開  コミュニケーション力
内容

■セッションの趣旨
グローバル時代を背景に、日本国内でも多言語、多文化社会化が進展しつつある中、我々は、その運用技能も含めて日本語を進化させるべきである。日本語を思考の道具としてだけでなく、外国語母語話者とのコミュニケーションの道具、外国語での発信をするための道具として(翻訳、通訳のし易さを含む)使いこなすにはどう取り組めばよいのか。日本語マニュアルの会が発表した「日本人のための日本語マニュアル」を一つの事例として取り上げる。

■セッションのポイント
・ 母語であっても異分野のコミュニティと情報交換のため「表す日本語」と「 伝える日本語」を書き分ける。
・ 思考手段としての日本語と、表現、伝達手段としての日本語を意識する。
・ 「伝える日本語」を多言語に翻訳するため「訳せる日本語」に書き換える。
・ 書き換えの規則と従来の翻訳議論を比較する。

■セッションの流れ
試みる日本語 → 表す日本語 → 伝える日本語、そして、
訳せる日本語 → 表す英語 → 伝える英語へ

コーディネーター 中村 哲三 (株)エレクトロスイスジャパン
パネリスト 佐野 洋 東京外国語大学教授
企画担当 道村 和也 YAMAGATA INTECH(株)


このページのトップへ戻る