• TCシンポジウム
  • 日本マニュアルコンテスト
  • TC技術検定
  • 関連リンク集

[print]

TCシンポジウム2015プログラム詳細

ミニセッション【京都開催】

タイトル

★各セッションに下記を記載しています。参加するセッションをお選びの際の参考にしてください。
(総合) 幅広い参加者を想定した内容
(応用) TCの活動領域を広げるための内容
(基本) TCの基礎を学ぶための内容

ミニ01 PDF新時代:PDFにはこんな使い方がある!!
ミニ02 マニュアル制作ディレクション
~取説新時代に求められるスキル 上流工程編~
ミニ03 PDF 新時代:校正工程の合理化を実現する
ミニ04 マニュアル制作ディレクション
~取説新時代に求められるスキル 品質管理編~
ミニ05 【基本確認シリーズ】
テクニカルライティング for Beginners

ライティング~「愛」あるマニュアル作成を目指して~
ミニ06 既存のDTP データからWeb マニュアルのデータに展開する(InDesign編)
ミニ07 グローカルと家電製品のユニバーサルデザイン ユニバーサルデザイン
~日本と海外のユーザーは、どう違うの?~
ミニ08 既存のDTP データからWeb マニュアルのデータに展開する(FrameMaker編)
ミニ09 時代を先取りするUD フォントの使い方
ミニ10 翻訳サービスの国際規格(ISO 17100)とは何か 翻訳
~要求事項と認証制度の基礎をおさえよう~

詳細

ミニ01(総合) PDF新時代:PDFにはこんな使い方がある!!
内容

■ディスカッションの趣旨
PDF のTC 分野への利用が始まって15 年。PDF はISO 国際規格に定められ、一般的な存在となった。取扱説明書をPDF として保管運用するなかで、各メーカーには大量のPDF が保存されている。しかし、TC 関係者はPDF の持つ機能と可能性を100%活かしきれているのだろうか。
この度アドビシステムズ様のご協力を得て、最近のPDF とAcrobat 機能仕様や運用方法について取り上げる。PDF に関する知識を更新し、より付加価値の高いPDF の作成とその活用のヒントを得る場としたい。

■ディスカッションのポイント
・ 国際規格:ISO フォーマットとしてのPDF
・ 付加価値:PDF の再利用、編集機能の活用
 例 機種名の変更や機能の追加などの改訂は、PDF 上で編集して対応
   販売やサポート現場で運用する使用説明に、新しいワークフローを提示
・ 将来像:PDF のこれから

■ディスカッションの流れ
上記のディスカッションのポイントを順に対話形式で進めていく。実際の運用についてサンプルを例に紹介する。

コーディネーター 白旗 保則 グローバルデザイン(株)
パネリスト 大矢 博文 アドビシステムズ(株)
企画担当者 足立 美穂 ヤマハ(株)
企画協力 黒田 聡 (株)情報システムエンジニアリング

ミニ02(総合) マニュアル制作ディレクション
~取説新時代に求められるスキル 上流工程編~
内容

■講義の趣旨
わかりやすい使用説明を提供するために必要な知識とスキルは、最近の15 年間で劇的な変化と進歩を遂げた。特に2012 年の国際規格改定において紙媒体以外での使用説明提供が推奨されるようになったため、使用説明の提供形態や提供媒体の多様化はますます進展することになるであろう。もはや、書籍や雑誌の企画制作ノウハウを下地にしたスキル、スタンドアローン指向の強い従来型電子マニュアルを前提としたスキルだけでは対応できない。
本セッションでは、特に変化が大きく、かつ影響の大きい上流工程において、これからの制作ディレクションに欠かせないスキルを提示する。

■講義のポイント
多様な提供媒体を通じて市場に流通するコンテンツの設計で欠かせないのは、従来の企画設計よりも上位のレイヤーにおけるフレームワーク(枠組み)の設計である。これを「情報アーキテクチャーの設計」という。本講座では、アーキテクチャーの重要性とその実践に必要なスキルの提示を中心に、これを前提とした使用説明の「企画」「構成」「表現設計」の各上流工程において求められるスキルの全貌を、旧来との違いを浮き彫りにしつつ、提示する。

■講義の流れ
1. 情報アーキテクチャーの設計
2. 企画
3. 構成
4. 表現設計

講師 黒田 聡 (株)情報システムエンジニアリング
企画担当者 徳田 直樹 (株)パセイジ

ミニ03(応用) PDF 新時代:校正工程の合理化を実現する
内容

■ディスカッションの趣旨
設計とのチェック(レビュー)工程は、使用説明の品質確保に欠かせないものだ。長年、ここではPDF の注釈機能が使われてきた。しかし、プロセスのさらなる効率追求を求める声が根強い。
このセッションでは、Microsoft のSharePoint と連携した仕組みを紹介。これに基づいてPDF によるチェック(レビュー)工程の新しい可能性を紹介する。

■ディスカッションのポイント
・ Microsoft SharePoint 連携の概要
・ 設計チェック時のファイル共有の仕組みと構築
・ 情報漏洩防止の仕組み
・ SharePoint を使用した、効率のよい運用方法の提示
・ インタラクティブ性付与の仕組み

■ディスカッションの流れ
上記のディスカッションのポイントを順に対話形式で進めていく。実際の運用についてサンプルを例に紹介する。

コーディネーター 白旗 保則 グローバルデザイン(株)
パネリスト 大矢 博文 アドビシステムズ(株)
企画担当者 足立 美穂 ヤマハ(株)
企画協力 黒田 聡 (株)情報システムエンジニアリング

ミニ04(総合) マニュアル制作ディレクション
~取説新時代に求められるスキル 品質管理編~
内容

■講義の趣旨
ディレクション業務の目的は、「目標とする品質の使用説明を、目標とする期限までに、決められた予算で制作すること」にある。使用説明の提供形態や提供媒体がどう変わろうとも、この目的は不変だ。しかし、ディレクション業務に必要となるスキルは、提供形態や提供媒体とともに変化している。書籍や雑誌の企画制作ノウハウを下地にしたスキル、スタンドアローン指向の強い従来型電子マニュアルを前提としたスキルだけでは対応できない。
本セッションでは、品質管理面において、これからの制作ディレクションに欠かすことのできないスキルを提示する。

■講義のポイント
多様な提供媒体を通じて流通するコンテンツの品質管理に欠かせないのは、ソフトウェア開発のそれと近似したスキルになる。フォントやソースコードの権利管理、リスクアセスメントを含む、法令・規格に対する知識と遵守姿勢が欠けていると、大きな品質問題を引き起こしかねない。また、多様な提供媒体における査読(校正)には、ソフトウェア開発に近い工程設計とスキルが求めら れる。本セッションでは、品質管理に焦点を絞り、これからのディレクション業務に必要となる品質管理スキルの全貌を、旧来との違いを浮き彫りにしつつ、提示する。

■講義の流れ
1. 品質とは
2. コンプライアンス~品質要求に関連する法令・規格とリスク管理~
3. 査読(校正)とテスト
4. 紙媒体を前提とした旧来のスキルとの違い

パネリスト 高橋 尚子 TC 協会 企画担当者)
企画担当 徳田 直樹 (株)パセイジ

ミニ05(基本) 【基本確認シリーズ】
テクニカルライティング for Beginners

~「愛」あるマニュアル作成を目指して~
内容

■セッションの趣旨
読む人の立場に立ったマニュアル(操作説明書)とは何か、を考えよう。

■セッションのポイント
「読んでみよう!」と思われるマニュアルはどこが違うのか。マニュアル構成の考え方から、ライティングに使うと便利なツール、またマニュアルの電子化のメリットとデメリットなど、これからテクニカルライティングを始められる方に、まずは知っておいていただきたいポイントをお話しする。

■セッションの流れ
1. マニュアルはなぜ読まれないのか?
2. ユーザにとっての「愛」あるマニュアルとは?
3. マニュアルの構成は、こうやって考えよう〜ライティングには、「ワープロ」よりも、「アウトライナー」を使おう
4. 電子出版(マニュアルの電子化)のメリットとデメリット
など

パネリスト 木村 仁美 アイプロダクト
企画担当 根来 由紀 パソナ・パナソニック ビジネスサービス(株)

ミニ06(応用) 既存のDTP データからWeb マニュアルのデータに展開する(InDesign編)
内容

■セッションの趣旨
Web で画面表示による使用説明を展開しようとするときに、まずは既存のDTP データを利用してWeb 用データを展開することを考える。
DTP ツールに装備された機能で簡単にHTML データに変換できるとよいのだが、実際には時間や手間を要することも少なくない。
本セッションではInDesign のDTP データをベースにHTML マニュアルへ展開するために知っておきたいことを整理して確認したい。

■セッションのポイント
・ InDesign のHTML 出力機能の実力を知る。
・ 書き出したHTML をHTML マニュアルとして展開するために必要なことは何か。
・ InDesign 以外で連携するツールは必要か。

■セッションの流れ
このセッションでは、制作会社の立場から聞き手が、パネリストにInDesign のデータを利用してWeb マニュアルを展開する際の課題を解決していく形で進める。

コーディネーター 岡本 浩 (有)ユーザーフレンドリー
パネリスト 橋本 鉄也 (株)ハル
企画担当 西田 健男 TC シンポジウム関西実行委員(株)

ミニ07(総合) グローカルと家電製品のユニバーサルデザイン
~日本と海外のユーザーは、どう違うの?~
内容

■ディスカッションの趣旨
ターゲットとなる人を調査したり観察する事で、意外な潜在ニーズが分かったり、違いに気づいたりする。日本はもちろん、海外では更に、驚くような実態が分かる事もある。(例えば、ブラジル人はお掃除好きな方が多く、1週間に一度は冷蔵庫の中身をすべて出し、棚も外して掃除する) その中には、取説を考える上で、参考になる事もあるだろう。家電開発に向けた調査で得た事例から、取説への応用を考える。
※「グローカル」は、「グローバル」と「ローカル」を合わせた造語。世界展開するとき、その地域にあった対策をすること。

■ディスカッションのポイント
このミニパネルでは、パナソニックのUD 推進者が、白物家電のデザイン開発にあたって、お客さまの研究や観察から、様々な気付きを得た事例を紹介する。
その後、その内容をもとに、取説への応用についてディスカッションする。

■ディスカッションの流れ
1. まずは日本の事例として、3 万人の調査から目利き世代(50 ~ 60 代)の本音を探り、日本らしいデザインと心配りを実現した「Jコンセプト」シリーズ、等の開発事例を紹介
2. 海外ユーザーの調査や観察から知りえた、意外な実態等を紹介
3. 上記1、2 を踏まえて、取説への応用をディスカッション

コーディネーター 小松 智 パナソニック溶接システム(株)
パネリスト 中尾 洋子 パナソニック(株)
企画担当 寺田 安夫 パナソニック(株)
水本 円 パソナ・パナソニック ビジネスサービス(株)

ミニ08(応用) 既存のDTP データからWeb マニュアルのデータに展開する(FrameMaker編)
内容

■セッションの趣旨
Web で画面表示による使用説明を展開しようとするときに、まずは既存のDTP データを利用してWeb 用データを展開することを考える。
DTP ツールに装備された機能で簡単にHTML データに変換できるとよいのだが、実際には時間や手間を要することも少なくない。
本セッションでは、FrameMaker のDTP データをベースにHTML マニュアルに展開するために知っておきたいことを整理して確認したい。

■セッションのポイント
・ FrameMaker のHTML 書き出し機能の実力を知る
・ 書き出したHTML をHTML マニュアルとして展開するために必要なことを確認する
・ RoboHelp の活用を考える
・ FrameMaker の機能拡張、CMS 連携を考える

■セッションの流れ
このセッションでは、制作会社の立場から聞き手が課題を提示し、パネリストに解決案を提示していく形で進める。

コーディネーター 岡本 浩 (有)ユーザーフレンドリー
パネリスト 仁村 一利 アドビ システムズ(株)
企画担当 西田 健男 TC シンポジウム関西実行委員
企画協力 黒田 聡 (株)情報システムエンジニアリング

ミニ09(基本) 時代を先取りするUD フォントの使い方
内容

■ディスカッションの趣旨
紙マニュアルに限らず、出版やメーカー向けなど様々な業界に渡り、文字とフォントへのニーズやそれらのトレンドについて紹介する。
UD フォントとは何かを再確認し、理屈とフォント完成までの開発経緯も紹介する。
また、実際の採用事例をビフォーアフターで紹介する。
最後に、UD フォントの今後の可能性について紹介する。

■ディスカッションのポイント
・ 印刷業界別フォントのニーズを把握し、あらためてUD とは何か、UD フォントとは何かを再確認する。
・ 具体的なUD フォントの採用事例から、ビフォーアフターを紹介し、UD フォントを採用理由と工夫した点を解説する。
・ 文字を見やすく読みやすくするためにはどうしたらいいのか?
 そもそも読みやすさとは何か。

■ディスカッションの流れ
1. 業界別フォントのニーズ
2. UD フォントとは、フォント完成までの開発経緯
3. UD フォントの採用事例
4. 読みやすさについて
5. UD フォントの今後の可能性について

コーディネーター 寺田 安夫 パナソニック(株)
パネリスト 水野 昭 (株)イワタ
企画担当 小松 智 パナソニック溶接システム(株)

ミニ10(総合) 翻訳サービスの国際規格(ISO 17100)とは何か
~要求事項と認証制度の基礎をおさえよう~
内容

■セッションの趣旨
2012 年からISO で検討されていた翻訳サービスに関する国際規格が2015 年5 月についに発行された。ISO 17100 に基づく認証サービス提供開始に伴い、ISO 17100 の主な要求事項のほか、ISO17100 に基づく認証制度(任意認証)、認証のメリットなど、ISO 17100 に関する基礎情報を提供する。

■セッションのポイント
認証取得の意味合い、ISO 17100 に対する翻訳業界の反応、認証取得までにおさえておくべきポイントとなる要求事項を説明する。認証取得までの流れについては、認証機関との質疑応答の時間を設ける。

■セッションの流れ
1. ISO 17100 要求事項の説明
2. ISO 17100 認証取得の意味
3. ISO 17100 認証制度(任意認証)の説明
4. 認証取得までの流れ

パネリスト 田嶌 奈々 (株)翻訳センター
山下 隆宣 (一財)日本規格協会
企画担当 中村 哲三 (株)エレクトロスイスジャパン
森口 功造 (株)川村インターナショナル

このページのトップへ戻る