• TCシンポジウム
  • 日本マニュアルコンテスト
  • TC技術検定
  • 関連リンク集

[print]

TCシンポジウム2014プログラム詳細

特別セッション【東京開催】

タイトル

★各セッションに下記を記載しています。参加するセッションをお選びの際の参考にしてください。
(総合) 幅広い参加者を想定した内容
(応用) TCの活動領域を広げるための内容
(基本) TCの基礎を学ぶための内容

特01 スマートデバイス時代のコンテンツ表現術
~これからのWebマニュアルの技術的課題を整理する~
特02 英文広告コピーライティング
~活用してTC の英文を効果的なものにする~
特03 動画における見る言葉、聞く言葉
~シナリオライティング実践編~
特04 ビジュアルデザインを見る「目」を養う
~デザインを適切に判断・評価するために~
特05 日本における使用説明の法律を理解しよう
~景品表示法とトリセツ制作の関係~
特06 トピック指向ライティング
~実務セミナー:マップ活用編~
特07 取説新時代に対応する国際規格をマスターしよう
~ IEC82079-1 で引用される国際規格を解説する~
特08 「行動観察力」を身につける
~マニュアルに生かせるリスク発見方法~
特09 脳を鍛えてTC スキルを磨く
~脳科学によるマニュアル開発スキルアップ~

詳細

特01 (応用) スマートデバイス時代のコンテンツ表現術
~これからのWebマニュアルの技術的課題を整理する~
内容

■講義の趣旨
スマートデバイスの普及によって、Web マニュアルは、スマホやタブレットへの対応も必須となってきた。小さな端末でもスクロールだけで読めるような最適化や、読んでいて飽きないスタイルを追加するなどの工夫が必要だ。文字の多いマニュアルをタブレットやスマホから読みやすくするノウハウについて講義する。

■講義のポイント
スマートデバイスの利用者特性やユーザーニーズなどの「外堀り」を踏まえ、技術の選択、表現の工夫を講義する。前半では「レイアウト」の観点から、後半では「テキスト」の観点から、スマートデバイスでの使用説明の提供のためのノウハウを提供。画面サイズを考慮したWeb ならではのレイアウトのコツ、フォントや行間、背景色に関連したCSS の工夫などを、少し先の未来の話も含めながら解説する。

■講義の流れ
【レイアウト観点】
画面サイズと操作性/ UI の重なりを意識したデザイン/画像の活用/色とデザイン/利用シーンに合わせた色の使い方/スマートデバイスの今後の変化への対応
【テキスト観点】
画面サイズの変化(タブレットの縦横など)への対応/飽きさせないインタラクションデザイン/インデックスより検索によってトピックを読むというユーザーの行動への対応/動画への配慮/フォントの種類・サイズ・行間・テキストの装飾/テキストレイアウトのセオリー/可能性が広がるタイポグラフィとテキストレイアウト


※本セッションは東京開催と京都開催共に同じ講義内容である。

講師 谷口 允 (株)エイチツーオー・スペース
■プロフィール
(株)エイチツーオー・スペース 代表取締役
Web サイト制作ユニットanygraphica のプログラマーとしてWeb サイト制作に携わるかたわら、CSS Nite やAndroid bazaar、WordCamp などでの講演活動、テクニカルライター業などWeb 業界の教育事業に取り組んでいる。近年は、スマートフォン向けのサイト制作や、JavaScript を活用したWeb サイトデザインなどが主な業務。主な著書に『よくわかるPHP の教科書』(マイナビ刊)、『iPhone+Android スマートフォン サイト制作入門』(アスキー・メディアワークス刊)など。

益子 貴寛 (株)サイバーガーデン
■プロフィール
(株)サイバーガーデン 代表取締役
Web サイトのプロデュースや戦略立案、制作業務、コンサルティング、Web クリエイター向けの講義やトレーニング、執筆活動に従事。社団法人全日本能率連盟登録資格「Web 検定」プロジェクトメンバー。2008 年8 月から2011 年まで、金沢工業大学大学院工学研究科(東京・虎ノ門大学院)知的 創造システム専攻客員教授。
Web デザイン全般、Web 標準、(X)HTML+CSS、Web プロデュース/ディレクション、Web ライティング、アクセシビリティ/ ユーザビリティ、ユーザーエクスペリエンス、SEO/SEM、XML アプリケーションに関する執筆・講義など多数。
企画担当者 黒田 聡(株)情報システムエンジニアリング
企画協力 宮下 知起 ナレッジオンデマンド(株)
形式 講義
定員 50名

特02 (応用) 英文広告コピーライティング
~活用してTC の英文を効果的なものにする~
内容

■講義の趣旨
TC と広告は異なるということを聞くことがある。たしかに、TC は事実を伝えるものであり、広告は夢をはぐくむものであるという見方もある。この見方からすると、TC と広告コピーのライティングの間には大きな隔たりがあるように思える。しかし、TC といえども、その内容は人が人に伝えるものである。つまり、基本的には人対人の「エモーショナルな」もの。「エモーショナルな」要素なくして、人に効果的に内容を伝えることはできない。
また、ドキュメントの国際規格であるIEC82079-1 によれば、製品の「使用説明」の対象はカタログなどの販促物からウェブまでも含むことになった。テクニカルコミュニケーターもコピーライティングの手法を理解し、商品や使用説明に利用できるものがあれば取り入れていくべきである。そうすることで自身のキャリアを広げること ができる。
このセッションでは、広告コピーライティングのテクニックを活用して、魅力的で効果的な英文ライティングを検討する。

■講義のポイント
・ コピーライティングとは
・ コピーライターになるために必要な要素
・ 新たなアイデアを生むためのトレーニング
・ 広告コピーの構造
・ 効果的なタイトルを書く
     - レトリックを使う
・ 魅力的で効果的に書くためのヒント
     - コピーを成功させる23 の要素
     - 31 の消費行動の心理的トリガー
・ 小見出しやスローガンを工夫する

■講義の流れ
講義のポイントに沿って進める。



※本セッションは東京開催と京都開催共に同じ講義内容である。

講師 中村 哲三 (株)エレクトロスイスジャパン
■プロフィール
TC World TCTrainNet認定トレーナー、TAUS 日本代表: 英文テクニカルライティングを中心に認知言語学、ユーザビリティー、ローカリゼーション、 機械翻訳などをカバー。テクニカルコミュニケーター協会で、英文ライティングのセミナーやパネルディスカッションなどを企画。著書に「英文テクニカルライティング70 の鉄則」(日経BP 社刊)がある。
企画担当者 小谷 孝行 島津エンジニアリング(株)   
形式 講義
定員 50名

特03 (応用) 動画における見る言葉、聞く言葉
~シナリオライティング実践編~
内容

■講義の趣旨
動画マニュアルにおけるテロップ・ナレーションの効果的な使用法を学ぶ。 前年のセッション「はじめての動画マニュアル」では、動画マニュアルを制作するための基本的な考え方と、一連のプロセスを説明した。今回は、動画マニュアルを制作する際の、より実践的な内容のセッションとする。

■講義のポイント
動画は、絵、動き、テロップ、ナレーションなど様々な要素で構成されており、それぞれの要素を効果的に使用するには、要素の特性を知り、情報を配分する必要がある。特に、テロップやナレーションにおいては、間延びしたり、盛り込みすぎてぼやけたりなどの問題が発生しやすい。テロップやナレーションをバランスよく、より効果的に使用する方法、注意点を、制作現場が抱える悩みに触れつつ、解説する。

■講義の流れ
1. 絵で伝える情報と言葉で伝える情報
2. 見る言葉(テロップ)と聞く言葉(ナレーション)の違い
3. ワークショップ①
4. 効果的なテロップ
5. 効果的なナレーション
6. ワークショップ②
7. ツール・環境による違い
8. 多言語展開できる動画を制作するには


講師 講義:林 孝之 (株)ヒューマンサイエンス
■プロフィール
開発部 ラーニング制作グループ1996 年、株式会社ヒューマンサイエンス入社。HTML・SGML・XML によるマニュアルの電子化業務に携わる。2001年からe ラーニング教材の制作を担当し、教材の企画・執筆・撮影・編集等の全制作工程に携わる。e ラーニング教材制作者を対象とした、Flash セミナーの講師を行う。

安岡 仁之 (株)ヒューマンサイエンス
■プロフィール
開発部 ドキュメント企画グループ企業内システムの操作マニュアル・業務マニュアル・各種取扱説明書・製品活用ガイド・教育教材の制作に携わる。各種製品マニュアルやヘルプの制作プロジェクトに従事。テクニカルライティング歴15 年。2008 年からは、大手FA 機器メーカーの製品マニュアルの開発部署向けに、専任講師を継続的に担当。マニュアル評価や、大手メーカーのマニュアル制作コンサルタントとしても活躍中。「分かりやすい取扱説明書・マニュアルの作り方と制作コストの削減ノウハウ 」「多言語展開に役立つ文章作成のテクニック」などをテーマに、外部セミナーの講師実績あり。
企画担当者 川原 未央 グレイステクノロジー(株)
菅 太輔 (株)富士通ゼネラル
形式 講義、ワークショップ
定員 50名

特04 (基本) ビジュアルデザインを見る「目」を養う
~デザインを適切に判断・評価するために~
内容

■講義の趣旨
TC において、文章表現とビジュアル表現は、切り離すことのできない密接な要素である。いくら適切に情報を構造化しようと、優れた文章を書こうと、ビジュアル表現とマッチしていなければ、ユーザーの心をつかむことはできない。
しかしながら「デザインはよくわからない。センスもないし、苦手だし…」と判断・評価を人任せにしたり、色や飾りに惑わされたりしていないだろうか。
デザインにはいろいろな手法や法則があり、心地よく感じるデザイン、人を引き付けるデザイン、理解を導くデザイン、伝わるデザインには、実はそれぞれ理由がある。そこで本講義では、事例を数多く見ながら、デザインの見方の基本や評価・判断する目の養い方を学ぶ。

■講義のポイント
・ このデザインは、なぜ愛されるのか
・ デザイン手法、法則のいろいろ
・ わかりやすいデザイン、わかりにくいデザインの違い
・ 情報コンテンツの見方

■講義の流れ
1. 事例を見ながら、よいデザイン、悪いデザインの理由を具体的に解説
2. 受講者が持参したコンテンツをその場で赤入れ(*)
(*) ご希望の方は、参加申込書に「赤入れ希望」とお書き添えください。希望者多数の場合は、抽選となります。
3. 見る目を養うために日常行えるトレーニング


講師 金 尚泰 筑波大学
■プロフィール
博士(デザイン学) 1967 年ソウル生まれ。美大卒業後、5 年間広告会社勤務。CG デザイナー、アートディレクター、クリエイティブディレクターを経て日本に渡り、筑波大学芸術研究科で修士・博士課程終了。
専門は、芸術・デザイン学。筑波大学人間総合科学研究科(芸術専門学群)講師兼、大学本部広報戦略室デザイン担当
現在、筑波大学 図書館情報メディア研究科情報メディア創成学類准教授デザイン論・情報デザイン・コンテンツ制作を担当。兼、筑波大学発ベンチャー(株)MDD クリエイティブ代表取締役
企画担当者 関 和佳代 (株)パセイジ
企画協力 三波 千穂美 筑波大学
形式 講義
定員 50名

特05 (基本) 日本における使用説明の法律を理解しよう
~景品表示法とトリセツ制作の関係~
内容

■講義の趣旨
不当表示を規制し、過大な景品を規制し、消費者の利益を保護する景品表示法は、企業のあらゆる部門にとって、必要不可欠な法律の一つである。うそや大げさな表示など、消費者をだますような表示(優良誤認、有利誤認など)事例を示し、消費者庁から景品表示法を解説する。また、トリセツ制作者にとっても無視することのできない業界ルールである家電の公正競争規約をテキストとして不当表示の禁止事例紹介、カタログ・取扱説明書・保証書・本体を作成する上で必要な表示事項、表示する場合の特定用語の使用基準を専門家が解説する。

■講義のポイント
・ 昨今、社会で話題となっている景品表示法を事例を交えて紹介
・ 景品表示法改正状況を含めて今後の消費者庁の取り組みを紹介
・ 公正な競争と消費者の利益を守るため、各業界が決めた自主的なルールである、公正競争規約を事例を交えて紹介
・ 日本におけるトリセツ制作の公的な規制であるトリセツの必要記載事項や特定用語の使用基準などをポイント解説

■講義の流れ
1. 企業にとっての景品表示法(正式名称は「不当景品類及び不当表示防止法」で1962 年に制定された法律)の概要説明
2. 不当な表示の事例を使いポイント解説
3. 公正競争規約とトリセツの関係について
4. 不当表示の禁止とは(虚偽、誇大、不明りょう、合理的根拠)
5. 必要表示事項とは(取扱説明書、カタログなど)
6. 表示する場合のルール(特定表示基準)とは

* 本セッションは東京開催と京都開催共に同じ講義内容である。


講師 後藤 大樹 消費者庁 表示対策課 総括係長

波多 秀敏 公益社団法人 全国家庭電気製品公正取引協議会
■プロフィール
1985 年三洋電機株式会社に入社。経営企画、広報・宣伝、渉外、品質などの業務に従事。2014年3 月、同社を退職。2014 年4 月から、(公社)全国家庭電気製品公正取引協議会事務局次長として製造業表示規約を担当。
企画担当者 山崎 敏正 TC 協会
形式 講義
定員 50名

特06 (応用) トピック指向ライティング
~実務セミナー:マップ活用編~
内容

■講義の趣旨
現在の国語教育の中では、作文や発表のときに考えを整理するために、マップを使った発想方法が教えられている。トピック指向取り組み検討ワーキンググループでは、トピック指向ライティングにおけるマップの関係に着目しながら、マップ技法をTC の現場でどのように活用できるかを検討してきた。
昨年までは、ライティング工程を対象としたセッションを実施してきたが、今年はワーキンググループの成果をもとに、企画工程を対象にしたセッションを行う。マップ技法を使用説明の企画工程に取り込む具体的な方法を、実習を通して学んでいただくことが本セッションの目的である。

■講義のポイント
・ 一般的なマップ技法とその特徴
・ TC におけるマップの定義と活用
・ マップを使った企画構成の実習
・ まとめ(DITA との関係など)

■講義の流れ
マップを使った様々な発想技法がある中で、TC の業務ではどのようにマップを活用できるのかを説明する。また、取材済みの情報から目次構成を作成する実習で、マップを活用した情報整理のしかたを体験する。
実習では、エンドユーザー向け取扱説明書とサービスマニュアルを採りあげる。


講師 碓井 直樹 (株)クレステック、トピック指向取り組み検討WG副主査
小田和 志保 (株)セザックスドキュメントソリューションズ、トピック指向取り組み検討WGメンバー
企画担当者 トピック指向取り組み検討WG(本件関与メンバーのみ掲載)

主査
黒田 聡 (株)情報システムエンジニアリング
メンバー
飯田 瑞恵 PFU ソフトウェア(株)
大西 直美 PFU ソフトウェア(株)
田中 俊也 リコークリエイティブサービス(株)
徳田 愛 (株)ヒューマンサイエンス
水野 隆久 ヤマハ(株)
形式 講義、ワークショップ
定員 30名

特07 (基本) 取説新時代に対応する国際規格をマスターしよう
~ IEC82079-1 で引用される国際規格を解説する~
内容

■講義の趣旨
使用説明の国際規格IEC82079-1 が制定され2 年が経過する。これにより、従来と異なる制作フローをマネジメントする人材が必要とされている。本セッションでは国際規格IEC82079-1 に引用規格として適用されているISO/IEC Guide、図記号関連規格、および代表的な機器別IEC 規格を取り上げ、要求されている表示規定内容を事例を交えて解説する。今後、ディレクター、テクニカルライターがトリセツ制作上知っておくべき国際規格を初心者から中堅までの方を対象とした内容で説明する。

■講義のポイント
国際規格IEC82079-1 やISO/IEC Guide37 を理解しただけでは、取説新時代に対応できたとはいえない。IEC82079-1 で引用されている規格内容も理解して、はじめて国際規格をマスターしたといえる。トリセツ制作上知っておくべき国際規格類を事例を交えて解説する。
・ ISO/IEC Guide とは
・ 警告表示図記号関連の国際規格
・ 機器・装置用図記号などの国際規格
・ 機器別のIEC 規格とは

■講義の流れ
引用されている規格類でトリセツに対する要求事項とは何かを解説する。
1. IEC82079-1 およびISO/IEC Guide37 で引用されいる規格を紹介
2. ISO/IEC Guide 14、50、51、71 の解説
3. 警告表示図記号や機器・装置用図記号の国際規格:ISO3864 シリーズ、ISO7010、ISO7000、IEC60417 の解説
4. 機器別IEC 規格:IEC60065(AV 機器)、IEC60950-1(IT 機器)、IEC60335-1(電化機器)の解説




※一般財団法人日本規格協会 "標準化について" の資料から抜粋・引用

講師 山崎 敏正 TC 協会
企画担当者 中村 哲三 (株)エレクトロスイスジャパン
形式 講義
定員 50名

特08 (応用) 「行動観察力」を身につける
~マニュアルに生かせるリスク発見方法~
内容

■講義の趣旨
一見すると何の問題も無いように思える「あたりまえ」の行動の中に、実際には多くのリスク要因が潜んでいる。ユーザーの生活環境にはラボでのユーザビリティテストでは得られない、複合的なリスクの要素(単一の機器でなくそれを取り巻く使用現場など)が存在する。このセッションでは、生活環境において、普段なら当たり前すぎて見過ごしてしまうような行動からどのようにして気づきを得、リスクの発見に結び付けていくかを、事例を交えながら解説する。

■講義のポイント
普段通りにものを「見る」だけでは、有効な気づきを得ることはできない。「見る」を「観察する」に変換するためには、まず観察を阻みがちな人間のクセを知り、さらにひとつの行動でも多様な視点から観察するための体系に則る必要がある。これらの知識と体系について演習を交えた形で解説し、観察を有効に実施するための基礎を習得していただくことを目的としている。

■講義の流れ
1. 行動観察の概要・潜在リスク抽出への活用
2. 行動観察を阻みがちな人間のクセ
3. 行動観察から有効な気づきを得るための体系
4. 観察演習(ビデオによる実習)
5. 行動観察活用事例紹介




※本セッションは東京開催と京都開催共に同じ講義内容である。

講師 越野 孝史 大阪ガス行動観察研究所(株)
■プロフィール
大阪ガス行動観察研究所 マーケティングソリューション推進部長。「行動観察X」を始めとしたマーケティングリサーチ、ソリューションの実施部隊を率いるとともに、「行動観察力育成講座(入門編)」講師を務める。
企画担当者 清水 義孝 (株)クレステック
形式 講義、ワークショップ
定員 50名

特09 (総合) 脳を鍛えてTC スキルを磨く
~脳科学によるマニュアル開発スキルアップ~
内容

■講義の趣旨
加藤医学博士の提唱する脳科学「脳番地」の観点をもちいて、マニュアル開発を5 つのフェイズに分類した。このセッションでは、それぞれのフェイズで重視される脳番地を理解し、その訓練法を学ぶことで、マニュアル開発技術全般のスキルアップを図る。

■講義のポイント
自分の脳を脳番地によって理解することで、得意なこと苦手なことの理由を知り、強みを活かし弱点を知る。
(書籍「脳の強化書」( 加藤俊徳著、あさ出版)を参考としています)

■講義の流れ
1. 脳番地の解説
2. 8 つの脳番地をマニュアル開発のフェイズにそって解説
3. 強み弱みの脳番地
4. 脳番地のトレーニング



講師 加藤 俊徳 (株)脳の学校代表、加藤プラチナクリニック院長
■プロフィール
発達脳科学、脳機能生理学、脳画像MRI、脳機能計測の専門家。小児科専門医。医学博士。

高橋 慈子 (株)ハーティネス
■プロフィール
技術系出版社勤務、フリーランスのテクニカルライターを経て、1988 年株式会社ハーティネス設立。企業の取扱説明書、マニュアルの制作、コンサルティングに関わる。ソフトウェアやサービス利用解説書、ライティング解説書の著作多数。ライティング研修の企画、実施も提供。立教大学、慶應義塾大学非常勤講師、大妻女子大学特任准教授。情報処理学会デジタルドキュメント研究会運営委員。
企画担当者 秀澤 茂 (株)富士通ラーニングメディア
企画協力 今井 明 (株)リコー
形式 講義
定員 50名

このページのトップへ戻る