• TCシンポジウム
  • 日本マニュアルコンテスト
  • TC技術検定
  • 関連リンク集

[print]

TCシンポジウム2014プログラム詳細

パネルディスカッション【京都開催】

タイトル

★各セッションに下記を記載しています。参加するセッションをお選びの際の参考にしてください。
(総合) 幅広い参加者を想定した内容
(応用) TCの活動領域を広げるための内容
(基本) TCの基礎を学ぶための内容

パ01 【基調パネルディスカッション】
イノベーションをどう起こすかを考える
~導入例から考えるTC のデザイン・シンキング~
パ02 編集力をトリセツに生かそう
~メディアのコンテンツ企画の実例に学ぶ~
パ03 翻訳品質向上のための「なぜなぜ分析」
パ04 海外製品のマニュアル実例から学ぼう
~日本市場向け海外製品のマニュアル分析~
パ05 テクニカルコミュニケーターから生み出される安全
~取説新時代におけるテクニカルコミュニケーターの役割を考えよう~
パ06 業務機器/ 産業機器の取説とコンシューマ機器の 取説との違いを探る
パ07 スマホでトリセツ
~電子マニュアルの新たな展開~
パ08 コミュニケーションを大きく変える機械翻訳
パ09 効果的なOJT を考える
~新人を早期戦力化する3 つのアプローチ~
パ10 マニュアルを電子化するときに知っておきたいこと
~電子化することのリスクを明らかにして、抑えよう~
パ11 TC カフェ2014
~マニュアルは誰のために?~

詳細

パ01 (総合) 【基調パネルディスカッション】
イノベーションをどう起こすかを考える

~導入例から考えるTC のデザイン・シンキング~
内容

■ディスカッションの趣旨
日本企業のイノベーションを促進するために「デザイン・シンキング」の活用が注目されている。その背景には、製品・サービス開発のイノベーションのために「デザイン・シンキング」活用の可能性があると考えられており、経産省では企業で活用するためのアプローチについて検討を開始している。本パネルでは千葉工業大学山崎教授をお招きして「デザイン・シンキング」とはなにか、企業での活用事例を紹介いただきながら TC業界としてどう活用するべきかを探る。

■ディスカッションのポイント
本パネルでは、「デザイン・シンキング」への理解、企業への浸透、イノベーションへの活用を通じた商品・サービスの高付加価値化の実現などをテーマに議論する。また、事例とディスカッションにより、イノベーションを起こすためにどうデザイン・シンキングが有用性かとその活用手法を探る。
・イノベーションのためのデザイン・シンキングとは何かを理解する。
・デザイン・シンキングへの誤解と障害を理解する。
・IT業界を中心としたデザイン・シンキング活用事例と特徴から TC業界での活用についての課題とポイントを議論する。

■ディスカッションの流れ
1. イノベーションとデザイン・シンキングについて
・デザイン・シンキングの概要、活用への課題
・イノベーションのためのデザイン手法(エクスペリエンス・ビジョンを中心に)
2. デザイン・シンキング活用事例の紹介とポイント
・IT業界での先進事例をご紹介いただきその活用ポイントを理解
3. TC業界への活用を進めるポイントとその効果についてのディスカッション

*エクスペリエンス・ビジョンについては、活用の詳細を特別セッションとして準備しております。


コーディネーター 山崎 和彦 千葉工業大学教授
パネリスト 鹿島 泰介 (株)日立システムズ
田中 培仁 富士通デザイン(株)
企画担当者 畝本 あい子 (株)島津製作所
黒田 晋一 (株)島津製作所
清水 義孝 (株)クレステック
企画協力 下村 忠宏 (株)日立製作所
吉川 明 (株)日立テクニカルコミュニケーションズ

パ02 (応用) 編集力をトリセツに生かそう
~メディアのコンテンツ企画の実例に学ぶ~
内容

■ディスカッションの趣旨
スマートデバイス、ソーシャルメディアの普及。増え続ける使用説明情報と提供形態の多様化、ユーザー行動様式の変化。テクニカルライターはこの変化にどう向かい合い、スキルチェンジしていくべきだろうか。
出版社の編集者は、トレンドに沿ってさまざまなテーマを扱いながら、読者に支持されるコンテンツを作り続けている。出版物の企画・構成、誌面の設計には、ターゲットとなる読者を意識した作業プロセスとして TCのそれと共通部分が多い。特に、雑誌編集には継続購読の獲得という強いプレッシャーがある。このプレッシャーは、継続して自社製品を愛用、購入いただくというプレッシャーにさらされるメーカーの立場と共通性がある。
このセッションでは、雑誌編集者とテクニカルライターのディスカッションを通し、ソーシャルメディア時代の TCに必要な編集力とは何かを見いだしていく。

■ディスカッションのポイント
編集力とは、読者ニーズを把握する力や読者に対して情報をリコメンド(提案)する力。そして、企画した内容をコンテンツにまとめ上げる力である。
メディアにおけるコンテンツの編集力と、コンテンツでユーザーの支持を得、製品の魅力をさらに高めることのできる使用説明を作るために要求される編集力には、本質的な差はない。このセッションでは、メディア編集者と使用説明の企画担当者が、編集力とその実践について議論する。

■ディスカッションの流れ
冒頭で中野氏と馬場氏に、雑誌編集の現場における企画・編集にどう取り組んでいるかについて紹介いただく。 また、石川氏からは、産業機器取扱説明書における取り組み事例を提示いただく。この事例を対象に、下記の 5つのテーマに沿ってコンテンツの企画についてディスカッションする。
1.よい企画を生み出す姿勢とは
2.限られた誌面(画面)の中で構成をまとめる
3.言葉の使い方(見出し/キーワード)で読者と空気感を共有
4.企画工程を様式化する(60点とれる企画)
5.雑誌の構成(パッケージ)に学ぶ


コーディネーター 宮下 知起 ナレッジオンデマンド(株)
パネリスト 石川 秀明 ヤマハ(株)
中野 克平 (株)KADOKAWA・DWANGO
馬場 静樹 (株)マイナビ
企画担当者 菅 太輔 (株)富士通ゼネラル
黒田 聡 (株)情報システムエンジニアリング

パ03 (基本) 翻訳品質向上のための「なぜなぜ分析」
内容

■ディスカッションの趣旨
グローバル化を推進し世界同時発売を実現するためには、そのボトルネックとなる多言語展開をいかにスムーズに進めるかが鍵となる。そのためには多言語展開の前工程となる英語、さらには日本語をわかりやすく翻訳しやすいものにすることが必須となる。
このセッションでは、日本語から英語という工程に焦点を当てて、それぞれの工程でどのような工夫が成されているのか、また、必要なのかを討議する。

■ディスカッションのポイント
・ 技術者が書くドキュメントの問題点
・ 技術ドキュメントをリライトする際のポイント
・ オリジナルで(和文)ライティングする際の技術
・ わかりやすい英文を書くためのポイント
・ スタイルガイドと用語集の機能と役割
・ 用語集はどこまでつくるか―その範囲

■ディスカッションの流れ
1. 技術者が書くドキュメントの問題点の実例
2. 技術ドキュメントをリライトする際のポイント―ルールの活用
3. オリジナルで(和文)ライティングする際の技術
4. わかりやすい英文を書くためのポイント―GESGの活用
5. スタイルガイドと用語集の機能と役割
6. 用語集はいつ始めるか、どうつくるか、どこまでつくるか


コーディネーター 青山 容子 (株)島津インターナショナル
パネリスト 遠藤 幸夫 ヤマハ(株)
中村 哲三 (株)エレクトロスイスジャパン
野田 尚史 国立国語研究所教授
企画担当者 森口 功造 (株)川村インターナショナル

パ04 (基本) 海外製品のマニュアル実例から学ぼう
~日本市場向け海外製品のマニュアル分析~
内容

■ディスカッションの趣旨
海外企業は日本に向けて製品を発売する際、日本市場に適応するよう、マニュアルをどのようにライティングし、構成しているのか。日本に向けて企画から販売までのプロセスにマニュアルという位置づけをどのように考え開発しているのか。そしてこれらは逆に、「日本側が海外向けにマニュアルを制作をする際の参考になるのでは。」以上をディスカッションして考察する。

■ディスカッションのポイント
・ 海外現地のマニュアルと日本のマニュアルの基本的な違い
・ 日本のマニュアルのどんな部分を取り入れてライティング、構成しているのか
・ 海外と日本のマニュアル制作に対する考え方は何が違うのか
・ 海外と日本のユーザーのマニュアルに対する考え方の違いは
・ 日本側が作る海外向けマニュアルに対する課題

■ディスカッションの流れ
1. 海外現地マニュアルの解説
2. 日本に向けてのマニュアルの捉え方、位置づけ
3. 日本に向けてのローカライズと構成
4. 実例紹介
5. 日本側が作る海外向けマニュアルに対しての考察と制作ポイント


コーディネーター 清水 義孝 (株)クレステック
パネリスト 阿部 春雄 (有)デジコム
石川 秀明 ヤマハ(株)
中曽根 裕平 ネスレ日本(株)
前田 昌紀 YAMAGATA INTECH(株)
企画担当者 木谷 千鶴 タイガー魔法瓶(株)

パ05 (応用) テクニカルコミュニケーターから生み出される安全
~取説新時代におけるテクニカルコミュニケーターの役割を考えよう~
内容

■ディスカッションの趣旨
テクニカルコミュニケーターがさらに一歩上のステージで活躍する時代がやってきた。IEC82079-1「使用説明の作成-構成,内容及び表示方法」に定められているように、取扱説明書には製品のリスクアセスメント実施後の残留リスクの通知が求められている。今回、機械安全におけるリスクアセスメントと取扱説明書の関係とを比較しながら、リスクアセスメントにおけるテクニカルコミュニケーターの役割を考えてみる。

■ディスカッションのポイント
・ 設計者、テクニカルコミュニケーター、ユーザーの各立場からみた取扱説明書の使命
・ リスクアセスメントの現状
・ 法規類の把握と製品および取扱説明書への適用
・ リスクアセスメントに関するテクニカルコミュニケーターの役割

■ディスカッションの流れ
1. リスクアセスメントに関する規格やフローの紹介
2. リスクアセスメントの実施および安全方策の事例
3. 残留リスクの把握と取扱説明書の制作事例
4. テクニカルコミュニケーターが誤使用や事故事例を把握し、ユーザーと製品とのかけはしになるために


コーディネーター 畝本 あい子 (株)島津製作所
パネリスト 添田 紀子 パナソニックシステムネットワークス(株)
時岡 崇 オムロン(株)
福田 隆文 長岡技術科学大学教授
企画担当者 高橋 峰夫 (株)島津製作所

このページのトップへ戻る

パ06 (総合) 業務機器 /産業機器の取説とコンシューマ機器の取説との違いを探る
内容

■ディスカッションの趣旨
不特定多数のユーザーを想定するコンシューマー機器。特定多数または特定少数を想定する業務機器や産業機器。利用者に特定の知識を想定できないコンシューマー機器。利用者には特定の知識や能力があることを前提にできる業務機器や産業機器。エンドユーザーを主要対象者にするコンシューマー機器。中間ユーザーや社内ユーザーをも想定することが少なくない業務機器や産業機器...対象にこれだけ違いがあるのだから、使用説明に求められるものも違うのではないか。本セッションでは、この話題を深掘りし、テクニカルコミュニケーション技術の適用領域の広がりを論じてみたい。

■ディスカッションのポイント
・ 使用説明対象機器の区分を再確認する(TCシンポジウム 2013から)
・ 対象ユーザーの範囲とペルソナを確認する
・ 使用説明に対するニーズの違いを確認する
・ ドキュメントライフサイクルの違いを考察する
・ 担うべき役割や目指すべき品質の違いを明確にする

■ディスカッションの流れ
1. 使用説明対象機器の区分(TCシンポジウム 2013から)
2. 対象ユーザーの範囲とペルソナの違い
3. 使用説明に対するニーズの違い
4. ドキュメントライフサイクルの違い
5. 担うべき役割や目指すべき品質の違い


コーディネーター 黒田 聡 (株)情報システムエンジニアリング
パネリスト 石川 純代 (株)堀場製作所
徳田 直樹 (株)パセイジ
東原 俊輔 (株)ケイテック
企画担当者 篠田 修 (有)エムツー・ジェイ

パ07 (基本) スマホでトリセツ
~電子マニュアルの新たな展開~
内容

■ディスカッションの趣旨
スマホの普及により、電子マニュアルは新たな節目を迎えている。ユーザーは困ったときに、使用する製品の取説をスマホで手軽に見ることができると便利である。
スマホで取説を見ることを提供するには、「インターフェイスや操作の違い」や「画面の大きさの違い」、「データダウンロードにかかる時間や課金費用」など、紙の取説とは異なる課題がある。スマホで見ることができる取説を制作する上での課題を明確にし、ディスカッションしていく。本セッションでは、「メーカー負担での可用性確保」などの頭の痛い問題点は脇において、純粋にユーザーにとっての利便性追求と技術的可能性に焦点を当てたものを目指す。
なお電子マニュアル化に内在するリスクについては、パネルディスカッション10「マニュアルを電子化するときに知っておきたいこと」にて、ディスカッションする。併せて参加いただきたい。

■ディスカッションのポイント
・ 紙マニュアルや従来のPC版電子マニュアルとの違い
・ 提供方法には何があるか(HTML、アプリ、PDFなど)
・ 情報整理の方法
・ 必要な機能と不要な機能
・ 制作現場の経験談(成功事例、失敗談)
・ 小さい画面での情報提供方法

■ディスカッションの流れ
1. 紙や従来のPC版との違いはなにか(課題を探る)
2. 課題解決のポイント
3. アイデア、機能、実例
4. 制作上の留意点
5. まとめと将来展望


コーディネーター 小松 智 パナソニック溶接システム(株)
パネリスト 上坂 上 アベイズム(株)
鋤野 英俊 ダイキン福祉サービス(株)
中原 司郎 パナソニックエコソリューションズクリエイツ(株)
企画担当者 岡本 浩 (有)ユーザーフレンドリー

パ08 (応用) コミュニケーションを大きく変える機械翻訳
内容

■ディスカッションの趣旨
過去のTCシンポジウムで取り上げてきた機械翻訳に関する議論を振り返りながら最新の機械翻訳の活用方法を議論する。
スピード・コストを最適化する手段として機械翻訳は語られることが多いが、活用の形はそれだけに限定されなくなってきた。クラウドサービスやモバイルデバイスの普及に伴い、サービス提供方法が多様化し、技術仕様も変化してきていることがその要因の一つである。革新的な技術と融合してユーザーの視点に立ったサービスを実現している下記の例を交えながら機械翻訳の未来を考える場としたい。
・ Docomoのサービス戦略(NTTドコモ)
・ 印刷ガリバーの挑戦(凸版印刷)
・ QRコードが広げる新ビジネス(PIJIN)

■ディスカッションのポイント
従来型の機械翻訳の活用事例と最近の活用事例を比較しながら、最終的なサービスの提供形態や、そこに至った背景について議論する。機械翻訳の活用方法やその限界、代替手段についても、品質・スピード・コスト・サービス提供形態というキーワードを交えながら機械翻訳の現状を共有する場としたい。

■ディスカッションの流れ
1. 過去のパネルディスカッションで議論されてきたポイントの振り返り
2. 機械翻訳の活用事例紹介
3. 機械翻訳の活用方法の変化と背景にあるニーズ
4. 機械翻訳と他の技術との融合
5. 事例紹介(開発の経緯と機械翻訳との関連性など)
6. 将来的な機械翻訳の活用方法

* 本パネルディスカッションは東京開催と京都開催共に同じ内容である。


コーディネーター 森口 功造 (株)川村インターナショナル
パネリスト 緒方 雅信 凸版印刷(株)
高岡 謙二 (株)PIJIN
三井 力 (株)NT Tドコモ
企画担当者 中川 麗 リコークリエイティブサービス(株)
中村 哲三 (株)エレクトロスイスジャパン
深井 徳朗 アヴァシス(株)
吉川 勝 (株)ダイテック

パ09 (基本) 効果的な OJTを考える
~新人を早期戦力化する3つのアプローチ~
内容

■ディスカッションの趣旨
組織における人材の育成は、OJTでのアプローチが主流だが、取説制作のすべての職務を経験するには時間がかかり、メンターを担当するメンバーの業務負荷も軽くない。しかし、経験の積み上げが何よりも必要なのがTCの世界である。人材の入れ替わりが多くある企業では、いかに短い時間で効果的に経験を積み上げていくかが非常に大きなテーマとなっている。ベテランの持つノウハウや知識を若い世代に伝えていくことも急務となっている。そこで、OJTを「業務プロセス」、「製品やサービス」、「コンテンツ(ライティング)」の3つのアプローチに分けて、それぞれに効果的な方法を、実例を挙げながら考えていく。

■ディスカッションのポイント
・ 時間がかかるOJTをどうやって効果的に進めていくか?
・ OJTを通じてベテランのノウハウを新人と共有するには?
・ 馴染みの薄い製品やサービスを理解していくには?
・ これからの組織におけるOJTはどうあるのがよいか?

■ディスカッションの流れ
1. 現在の組織におけるOJTでの問題点や課題の共有
2. 業務プロセスを活用したOJTについての実例紹介
3. 製品やサービスのOJTについての実例紹介
4. コンテンツ制作(ライティング)のOJTについての実例紹介
5. 2.~4.を踏まえてこれからのOJTを議論


コーディネーター 高橋 慈子 (株)ハーティネス
パネリスト 石川 秀明 ヤマハ(株)
岸本 晃治 (株)アビリティ・インタービジネス・ソリューションズ
瀬戸 大地 (株)クレステック
企画担当者 福間 俊治 (株)パセイジ

パ10 (応用) マニュアルを電子化するときに知っておきたいこと
~電子化することのリスクを明らかにして、抑えよう~
内容

■ディスカッションの趣旨
部品コストの削減、更新の利便性などの理由で、マニュアルを電子化することが増えているが、電子化によるリスクも考えなくてはいけない。そこで、IEC82079-1などの規格の面を中心に、電子マニュアルにまつわる様々なリスクについて考えてみる。

■ディスカッションのポイント
ユーザー向けマニュアル、サービスマニュアルの電子化の事例を示しながら、電子化する際に気を付けなくてはいけないリスクについてディスカッションする。また、そのリスクを抑えるための対応方法についても、ディスカッションする。

■ディスカッションの流れ
紙マニュアルとの関係を含めた電子マニュアルの事例をいくつ取り上げ、次のような点を中心にディスカッションする。
・ 電子化することで制作側から見たときに考えられるリスク
・ IEC82079-1などの規格の面から見たときに考えられるリスク
・ そのリスクへの対応方法


コーディネーター 黒田 聡 (株)情報システムエンジニアリング
パネリスト 富田 隆之 (株)シイエム・シイ
野間 謙造 マツダエース(株)
細田 達幸 パナソニック(株)
企画担当者 畝本 あい子 (株)島津製作所
岡本 浩 (有)ユーザーフレンドリー

パ11 (基本) TCカフェ 2014
~マニュアルは誰のために?~
内容

■ディスカッションの趣旨
昨今のマニュアル編集の現場では、コスト削減と効率化という名目のもとに、ユーザー不在のマニュアルづくりを余儀なくされている現状がある。
今こそマニュアルの作り手であるTCの現場から、真にユーザーにとって必要なマニュアルのあり方を議論してみようではないか?
旧態依然としたベースマニュアルありきの編集で疲弊している若手編集者を中心に、ディスカッションを進めたい。

■ディスカッションのポイント
若手編集者をパネリストに迎え、普段の仕事の悩みやパネルタイトルについての意見を聞きながら、会場と掛け合い形式でパネルを進行していく。

■ディスカッションの流れ
本セッションは、いわゆるパネルディスカッションの形はとらず、パネリストと会場の皆さまとのオープンな語らいで進行する。
TCカフェのタイトル通り、パネル会場では参加者が自由に発言し、参加者同志が互いにコミュニケーションできる場を提供する。


コーディネーター 下拂 伸一 アベイズム(株)
パネリスト 河口 純一 三菱電機エンジニアリング(株)
田代 洋子 パナソニックビジネスサービス(株)
前田 彬之 (株)パセイジ
企画担当者 上坂 上 アベイズム(株)
加藤 博之 三菱電機エンジニアリング(株)


このページのトップへ戻る