• TCシンポジウム
  • 日本マニュアルコンテスト
  • TC技術検定
  • 関連リンク集

[print]

TCシンポジウム2013プログラム詳細

スペシャル研修【京都開催】

タイトル

研01 トピック指向ライティング入門セミナー
研02 GB 5296.1-2012を深掘りする
国際規格IEC 82079-1との相違点

詳細

研01 トピック指向ライティング入門セミナー
内容

■講義の趣旨
構造化された文書をトピック単位で作成する上で求められる、ライティングの知識やスキルを明らかにし、その基本を学んでいただく。
簡潔でわかりやすい文章を書くための基本と、構造化された文書を作成するための基本を習得することが本セミナーの目的である。

■講義のポイント
構造化された文書をトピック単位で作成する上で求められる、ライティングの知識やスキルを明らかにし、その基本を学んでいただく。
簡潔でわかりやすい文章を書くための基本と、構造化された文書を作成するための基本を習得することが本セミナーの目的である。

■講義の流れ
はじめに従来からあるテクニカルライティングの基本を学ぶことで、文書品質を支えるのはテクニカルライターであることを確認していただく。
そのうえで、トピック指向特有の概念や、制作現場での執筆作業で必要となる基礎知識について学ぶ。
このセミナーでは、基礎学習支援ツール「トピっくん」を使用する。「トピっくん」では、例題を解いていくことで、構造化文書作成の基礎的なスキルを身につけていく。


講師 碓井 直樹 (株)クレステック

■プロフィール
テクニカルライティング、システム設計、プログラム開発など、ドキュメントに関わる業務を幅広く担当している。構造化、DITAに関連した活動、情報発信を積極的に行っている。TC協会セミナー講師多数実施。
企画担当者 トピック指向取り組み検討WG

主査
黒田 聡
(株)情報システムエンジニアリング
副主査
碓井 直樹
(株)クレステック
メンバー
新井 將未知
(株)JVCケンウッド
荒木 孝充
スバル・インテリジェント・サービス(株)
伊藤 晶子
(株)富士通ラーニングメディア
大西 直美
PFUソフトウエア(株)
金田 龍
グレイステクノロジー(株)
関根 哲也
インフォパース(株)
田中 啓
スバル・インテリジェント・サービス(株)
徳田 愛
(株)ヒューマンサイエンス
中村 堅一
グレイステクノロジー(株)
成田 郁美
(株)リコー
萩野 健一
アヴァシス(株)
長谷川 昭
(株)サン・フレア
宮田 剛
NECデザイン&プロモーション(株)
山崎 光彦
NECデザイン&プロモーション(株)
機材協力 (株)クレステック
(株)情報システムエンジニアリング
パナソニック(株)
形式 講義
各自がパソコン(1人1台)および教育補助ツールを使って演習します。
定員 30名

研02 GB 5296.1-2012を深掘りする
国際規格IEC 82079-1との相違点
内容

■講義の趣旨
GB 5296.1-2012には、使用説明に関する要求に加えて、企業が定める製品品質標準に対する要求がある。これは今回の改訂で強化された部分だ。一方で、GB 5296.1-2012は、国際規格IEC 82079-1と同様に、ISO/IEC Guide 37に準拠して作られており、両者には共通する要求が少なくない。
本セッションでは、GB 5296.1-2012の要求を深掘りし、製品品質標準に対する要求が意味するところに言及する。また、GB 5296.1-2012の要求を国際規格IEC 82079-1の視点で分析し、その違いから浮き出る中国国家標準特有の要求事項を詳述する。さらに、改訂タイミングのズレから内容に差違のあるGB 5296.2-2008についても言及する。

■講義のポイント
・ 使用説明に関する要求概説
・ 製品品質標準に対する要求とその影響の考察
・ 国際規格IEC 82079-1の視点からみたGB 5296.1-2012の要求
・ GB 5296.2-2008の視点からみたGB 5296.1-2012の要求

■講義の流れ
中国国家標準GBの位置づけに関する基礎的知識は有していることを本セッション受講の前提とするが、日本との制度的違いについては簡単に解説する。
まず、GB 5296.1-2012の要求を、使用説明の制作工程の観点で分類して詳述する。次に、製品品質標準に対する要求を解説。その影響の考察をおこなう。
後半では、GB 5296.1-2012の要求を国際規格IEC 82079-1の視点から分析し、その差違を洗い出す。また、GB 5296.2-2008の視点からみたGB 5296.1-2012の要求についても言及し、実務的対応方法を探る。
なお、本セッションは、TCシンポジウム2013東京開催前日に25周年記念イベント内で催された「GB 5296.1-2012を深掘りする」と内容の8割が共通である。また、2013年5月17日に東京で、6月12日京都で開催された中国国家標準関連の実務セミナーとは、解説の観点と深さが異なる。


講師 黒田 聡 (株)情報システムエンジニアリング
企画担当者 山崎 敏正 TC協会 代表理事
形式 講義
定員 30名

このページのトップへ戻る