• TCシンポジウム
  • 日本マニュアルコンテスト
  • 関連リンク集

[print]

TCシンポジウム2012プログラム詳細

協会発表

タイトル

協01 トピック指向ライターの育成を考える
協02 TC専門課程認定制度について
TC専門課程認定事業の創設と実施方法

詳細

協01 トピック指向ライターの育成を考える
内容

■発表の趣旨
トピック指向取り組み検討ワーキンググループは、2010年にDITA取り組み検討ワーキンググルーブとして活動を開始。構造化ルールの利用拡大と採用スキーマの多様性(下図参照)を背景として、2011年からはより間口を広げ、TC技術との接点を増やすことを意図して「トピック指向」をキーワードとする活動に発展。主としてライティング分野について、その事例や今後の方向性を検討することに重点を置く活動を始めた。構造化された文書をトピック単位で作成する上で求められるライティングのスキルや知識を明らかにすることが最終的な目標である。
本年はトピック指向ライターの人材育成について、意見交換や調査を行った。

■発表のポイント
・ トピック指向、トピック指向ライティングとは何か(コンテクスト指向との対比)
・ ライターに求められるスキルや知識はなにか
・ 指導上での課題と特徴~TC協会での実践を通じて
・ ライティング教育補助ツールとその可能性
・ 今後の展望

■発表の流れ
最初に、ワーキンググループ活動の経緯について概略を紹介する。
次に、TC協会として2011年と2012年に企画実施したトピック指向ライティングセミナーの企画方針と内容を例として、求められるスキルや知識を例示。これに、ワーキンググループで討議した内容を加えて、構造化された文書をトピック単位で作成する上で求められるライティングのスキルや知識を明らかにする。
また、基礎教育段階での利用を想定したライティング教育補助ツールに関する考察を紹介する。


発表者 伊藤 晶子 (株)富士通ラーニングメディア
碓井 直樹 (株)クレステック
形式 研究報告
ワーキンググループメンバー <トピック指向取り組み検討WG

■主査
黒田 聡 (株)情報システムエンジニアリング

■副主査
碓井 直樹 (株)クレステック

■メンバー
荒木 孝充 スバル・インテリジェント・サービス(株)
伊藤 晶子  (株)富士通ラーニングメディア
大西 直美 PFUソフトウェア(株)
関根 哲也 インフォパース(株)
田中 啓 スバル・インテリジェント・サービス(株)
中村 哲三 YAMAGATA INTECH(株)
成田 郁美 (株)リコー
長谷川 昭 (株)サン・フレア
宮田 剛 NECデザイン&プロモーション(株)
山崎 光彦 NECデザイン&プロモーション(株)

協02 TC専門課程認定制度について
TC専門課程認定事業の創設と実施方法
内容

■発表の趣旨
2009年末にスタートした「TC専門教育カリキュラム・ガイドライン検討WG」が、昨年度TCシンポで発表した「テクニカルコミュニケーターに求められる知識と能力」(知識と能力のリスト)を基にした、「テクニカルコミュニケーター(TC)専門課程認定事業(仮称)」が今年度中に開始する予定である。その事業が創設された背景、これまでの過程と、具体的な内容および実施方法について情報を公開する。

■発表のポイント
・ TC専門課程認定(または科目認定)制度の事業を創設する背景
・ 本制度の概要、大学のメリット、学生のメリット、企業のメリット
・ 本制度の実施方法(大学の申請内容・手順と認定)
・ 本制度の運用方法(学生の履修、申請と認定)
・ 大学に実在する講義科目を対象とした場合、適用しやすい学部・学科の例
といった項目について決定された詳細事項を報告する。
また、実際に申請いただくための方策、活用方法、将来構想などについても提案する。

■発表の流れ
表記の内容について報告の後、募集や実施・運用方法などについて意見を募り、議論する。


発表者 高橋 尚子 國學院大學 TC協会専務理事
ワーキンググループメンバー <TC専門教育カリキュラム・ガイドライン検討WG>

■主査
島田 能里子 ソニー(株)

■メンバー
三波 千穂美 筑波大学
島本 孝子 キャリアコンサルタント
高橋 尚子 國學院大學
中村 哲三 YAMAGATA INTECH(株)
橋爪 佐代子 (株)富士通ラーニングメディア
長谷川 秀彦 筑波大学
平湯 あつし (株)カイ
松村 敦 筑波大学
松本 紳 筑波大学

このページのトップへ戻る