• TCシンポジウム
  • 日本マニュアルコンテスト
  • TC技術検定
  • 関連リンク集

[print]

TCシンポジウム2012プログラム詳細

パネルディスカッション【東京開催】

タイトル

パ01 ユーザーのわくわくを引き出す!
現場から学ぶUX向上のヒント
パ02 英文マニュアルを評価する
評価のノウハウを身につけ、実務に活用する
パ03 萌えるマニュアルへの挑戦!
ライトノベルに学ぶ新しいマニュアル制作
パ04 『使ってうれしい』を届けよう!
スマートフォン/タブレット端末向けコンテンツ制作現場より
パ05 TC×IA
IA思考の情報設計プロセスを考える
パ06 シンプリファイドジャパニーズ2
翻訳しやすい効果的な日本語を書く
パ07 3DとTCのおいしい関係
パ08 DITA/CMS国内導入事例
パ09 TCカフェ2012
TC教育を本音で語ろう
パ10 新しい翻訳のかたちを考える
機械翻訳を使った仕事のやり方とは

詳細

パ01 ユーザーのわくわくを引き出す!
現場から学ぶUX向上のヒント
内容

■ディスカッションの趣旨
「UX」とは何かをなんとなく理解していても、いざ実践しようとすると「何から手をつけていいかわからない」、「制約が多くてうまく取り組めない」といった悩みを抱える人も少なくない。そこでこのパネルディスカッションでは、UXに取り組んでいる各社の担当者や研究者が現場での実践や課題を取り上げ、UX向上のポイントについて語る。さらに、UX向上においてテクニカルコミュニケーターが今、そして未来に果たすべき役割について議論する。

■ディスカッションのポイント
・ UXとは何か?
・ UX向上のためのポイントとは何か?
・ テクニカルコミュニケーターとしてできることは何か?

■ディスカッションの流れ
1. UX向上を目指して行ってきた取り組みの紹介
2. UX向上のポイントとは何か?
3. UX向上におけるテクニカルコミュニケーターの役割とは何か?
4. 今後テクニカルコミュニケーターが目指すべき方向性とは?


コーディネーター 小野 聖志 ソニー(株)
パネリスト サイトウ・アキヒロ 立命館大学
田邉 明人 (株)ベネッセコーポレーション
山寺 仁 (株)日立製作所
企画担当者 久保寺 佳奈 ソニー(株)
栗谷 裕哉 (株)日立製作所

パ02 英文マニュアルを評価する
評価のノウハウを身につけ、実務に活用する
内容

■ディスカッションの趣旨
日本発英文マニュアルに対する海外からの評価は、一般的に辛い傾向にある。しかも、その評価は問題点の具体的な指摘を含まないものが多い。結果として、マニュアル担当部門/制作会社は、マニュアルに対する批評を耳にしながらも、問題点が可視化できず戸惑ってしまう。このセッションでは、英文マニュアルの具体的な問題点を洗い出しながら、その問題点を体系的に可視化し、それぞれの問題に対する適切な対応を考える。具体的には、制作管理者(日本メーカー側)とネイティブライター、それぞれの視点から検討し、適切な解決策を例示していく。

■ディスカッションのポイント
・ 思考や文化における日本語と英語の違い 
・ ライティング/翻訳上で注意すべき点
・ メーカー制作現場(管理者)から見た問題点 そして、NES(英語ネイティブ)翻訳者/NNS(日本人)から見た問題点
・ 制作現場とNESの見解や対応は一致するか?
・ 日本人(制作サイド)がチェックすべきポイント どういったところをチェックするか
・ 具体的なガイドラインは可能か?

■ディスカッションの流れ
1. ライティング/翻訳上で注意すべき前提条件を紹介する
2. 基本的なポイントの策定とそのポイントを基にしたチェックリスト作成活動を紹介する
3. 英文マニュアルの問題点を分析する 英語と日本語の違いからくるもの、ユーザビリティ(わかりやすさ)に関するもの
4. 個々の問題点とその対策、改善事例を紹介するーNNSとNESの視点からの検討 
日本人(制作サイド)がチェックすべきポイントは?
5. 評価者に必要なスキルを検討する
6. 具体的なチェックリストを検討する  (会場参加者も交えて討議する)


コーディネーター 中村 哲三 YAMAGATA INTECH(株)
パネリスト 遠藤 幸夫 ヤマハ(株)
小室 美由紀 ブラザー工業(株)
ジョージ松尾 NES英文翻訳者/JAT(日本翻訳者協会)スタイルガイド制作メンバー
企画担当者 深井 徳朗 アヴァシス(株)

パ03 萌えるマニュアルへの挑戦!
ライトノベルに学ぶ新しいマニュアル制作
内容

■ディスカッションの趣旨
出版不況が続く中、ライトノベルは着実に売り上げを伸ばし、新しいレーベルが続々と誕生している。マニュアルも、ライトノベルも、文章とイラストで構成されているにもかかわらず、ライトノベルはワクワク感を持って読者に受け入れられ、マニュアルは読みたくないものの代名詞にされている。
本セッションでは、ライトノベルが受け入れられている要素を分析し、その要素をマニュアルに取り入れることができるかを討議し、マニュアル制作の新たな可能性を考えたい。

■ディスカッションのポイント
・ ライトノベルが受け入れられている理由
・ ライトノベルに求められる要素とマニュアルに求められる要素の違い
・ ライトノベルの要素をマニュアルに取り入れられるか
・ ライトノベル風「萌えマニュアル」は作れるか

■ディスカッションの流れ
1. ライトノベルとはどういうものか。ストーリーとキャラクターはどのように作られているか紹介。
2. ライトノベルの文章とイラストは、どのように編集されているか紹介。
3. ライトノベルにおける文章の書き方の常識とはどのようなものか紹介。
4. マニュアルとライトノベルの違いを、紹介された内容をもとに検証。
5. 「萌えマニュアル」の実現可能性についてディスカッション。


コーディネーター 平湯 あつし (株)カイ
パネリスト くしまちみなと フリーランス
新城 カズマ (有)エルスウェア
難波江 宏隆 (株)講談社
企画担当者 関 和佳代 (株)パセイジ
山田 智仁 (株)日立製作所
吉田 正志 (株)富士ゼロックスアドバンストテクノロジー

パ04 『使ってうれしい』を届けよう!
スマートフォン/タブレット端末向けコンテンツ制作現場より
内容

■ディスカッションの趣旨
スマートフォンやタブレット端末の普及が急激に進むにつれ、使用説明の分野でも、それらの端末での閲覧に適した形態を意識する必要が出てきている。
しかし、現場からは「誰に向けて作れば効果的か」「どう作ればいいのか」と悩む声も聞こえている。
このパネルディスカッションでは、スマートフォン/タブレット端末対応サイト、EPUB形式マニュアル、マニュアル閲覧アプリなどの事例を中心に、従来の開発との違い、今後の展望などを議論する。

■ディスカッションのポイント
2011年のパネルディスカッション02では、タブレット端末での情報提供に関する概念的な部分を議論した。今回は制作現場に焦点を絞り、事例を中心に実際を明らかにする。
各パネリストには企画の背景や目的、苦労した点、ユーザーの反応や今後の展望などを話していただくことで、スマートフォン/タブレット端末向けのコンテンツを検討している人に向けたヒントを提供したい。

■ディスカッションの流れ
1. 今、マニュアルはどのように見るものなのか? -スマートフォン/タブレット端末での展開の必要性
2. 制作現場の悩み -導入に踏み出せないのはなぜか?
3. 各プロジェクトでの取り組み事例紹介
4. ディスカッション -ユーザーが「うれしい」と感じる見せ方とは


コーディネーター 松浦 梨絵 (株)日立テクニカルコミュニケーションズ
パネリスト 須井 教年 (株)日立製作所
谷口 郁馬 グローバルウェーブ(株)
平井 弘実 お茶の水女子大学
企画担当者 小川 維一 (株)シイエム・シイ 
原 小百合 (株)富士通ラーニングメディア

パ05 TC×IA
IA思考の情報設計プロセスを考える
内容

■ディスカッションの趣旨
増え続ける使用説明情報と提供形態の多様化、ユーザー行動様式の変化が著しい昨今、情報設計の重要性が高まってきている。しかしながら、我々テクニカルコミュニケーターは、その価値やプロセスを理解し、実現するためのスキルを身に付けているだろうか。
Web業界ではIA(情報アーキテクチャ)という言葉が定着し、情報設計手法の標準化や体系化が積極的に進められている。そのIA思考をヒントに、TCにおけるIAを議論し、新たな情報設計の形を探りたい。

■ディスカッションのポイント
・ IAとはなにか
・ TCにおけるIAの価値と必要性
・ なぜTCの制作プロセスにIAが定着しないのか(課題を深掘りする)
・ TCにおけるIAを体系化していくには

■ディスカッションの流れ
1. IAの考え方、目的、プロセスを整理する。
2. IAを実現するために必要なこと(工程や体制の見直しなど)
3. TCにおけるIAの活用(事例紹介)
4. IA思考を実務に結びつけていくには


コーディネーター 徳田 直樹 (株)パセイジ
パネリスト 川島 祐介 ソニー(株)
岸本くみ子 (株)日立テクニカルコミュニケーションズ
坂本 貴史 ネットイヤーグループ(株)
企画担当者 関 和佳代 (株)パセイジ
西本 徹太 アヴァシス(株)
深井 徳朗 アヴァシス(株)

このページのトップへ戻る

パ06 シンプリファイドジャパニーズ2
翻訳しやすい効果的な日本語を書く
内容

■ディスカッションの趣旨
昨年度に引き続き、誤解されることなく、スムーズに英語やそのほかの言語に翻訳/ライティングできる日本文の書き方を検討する。昨年度は、まず取りかかりとして、翻訳しやすい日本語についての一般的な考え方を検討した。今回は、やさしい日本語への取り組みや、品質の急速な向上により本格的な運用が期待される機械翻訳にも焦点を当て、現場での具体的な課題も紹介しながらシンプリファイドジャパニーズの可能性を検討する。

■ディスカッションのポイント
開発者の書く文書や、役所のホームページには、わかりづらい日本語が頻出する。「翻訳のしやすさ」という視点に立って、現場の翻訳担当者が頻繁に遭遇する日本語の問題をどう解決するかがキーになる。人間にとって、あるいは機械翻訳エンジンにとってのわかりやすさとは何なのか。どうすれば実現できるのか。今後の対策について、現場の取り組みを交えて考察したい。

■ディスカッションの流れ
1. シンプリファイドジャパニーズ (SJ) の定義
2. 現場担当者が抱える課題は何か
3. 日本語のわかりやすさ - 誰にとって、何にとってのわかりやすさか
4. 機械翻訳しやすい日本語とは
5. 具体的な解決策や、さまざまな取り組みについて


コーディネーター 中村 哲三 YAMAGATA INTECH(株)
パネリスト 井佐原 均 豊橋技術科学大学
菊池 茂 (株)高電社
百武 正人 東芝テック画像情報システム(株)
企画担当者 深井 徳朗 アヴァシス(株)
森口 功造 (株)川村インターナショナル

パ07 3DとTCのおいしい関係
内容

■ディスカッションの趣旨
製品開発プロセスでは3DCADを活用する機構設計が主流になり、現物の試作サンプルが無い状態で、生産資料や製品マニュアルの作成に取り組んでいる。テクニカルコミュニケーターも3DCADを前提とした制作フローに順応することが求められている。また、マニュアル自体もビジュアル(画像や映像など)を活用し、閲覧環境の変化(PCやタブレット)にも対応する必要がある。そのような中、3Dデータのマニュアルへの活用は、どこまで進んでいるのだろうか?

■ディスカッションのポイント
・ 製品ライフサイクルにおける、開発・生産・販売・使用・保守・廃棄の様々なシーンでの活用
・ イラストやアニメーションのマルチユース
・ 製品リリースサイクルの短縮
・ ドキュメンテーションの効率化

■ディスカッションの流れ
実際に3Dデータを活用してマニュアルなどのドキュメントを制作している事例を紹介する。メリットとして、試作前から着手可能になることでのリードタイム短縮や、写真では撮影不可能なアングルの確認ができる点などがあるが、逆にイラストの品質低下の原因ともなっている事実もある。そのような状況で、3Dにあった表現とは何か?
また、3Dデータの活用により、効率化や改善された点や、逆に苦労した点なども紹介したい。


コーディネーター 川内 カツシ (株)テクノアート
パネリスト 青山 一生 愛知工業大学非常勤講師 (株)アコテック
大谷 清彦 日立建機(株)
鳥谷 浩志 ラティス・テクノロジー(株)
企画担当者 金本 誠 (株)テックコミュニケーションズ
企画協力 大西 茂巳 (株)テックコミュニケーションズ
小谷 孝行 島津エンジニアリング(株)

パ08 DITA/CMS国内導入事例
内容

■ディスカッションの趣旨
DITA+CMSの導入によって得られる効果はたくさんあるが、導入するだけですべての効果を期待できるわけではない。このほか様々な理由で、いざ導入となると敷居が高いのが現状ではないだろうか。本パネルディスカッションでは、国内企業のDITA導入事例をベースに利点、リアルな悩みを聴講者と共有し、DITA/CMSの導入を検討している制作者への一助とする。

■ディスカッションのポイント
・ 導入目的
・ 内容モデルの考え方
・ ライターの教育
・ コンテンツ形式の変化
・ マニュアル開発手法の変化

■ディスカッションの流れ
1. DITAとは、CMSとは(一般的な使い方 DITAと組み合わせた時の使い方)
2. 国内導入事例紹介:(横河電機殿、日本電気殿)
3. 導入にあたっての苦労点


コーディネーター 小川 義博 (株)日立製作所
パネリスト 鈴木 和明 日本電機(株)
針ヶ谷 佳史 横河電機(株)
村尾 昌浩 日本オラクル(株)
企画担当者 小林 久美子
堂守 一也 (株)日立製作所
森山 武 (株)リコー
企画協力 畝本 あい子 (株)島津製作所

パ09 TCカフェ2012
TC教育を本音で語ろう
内容

■ディスカッションの趣旨
オーディエンス参加型セッションの第3弾TCカフェ2012では、TC業界の長年の課題である「TC教育」について真正面から語り合いたい。昨年の「できるTCの極意をつかめ」では、自己研鑽が主題のセッションであったが、意外にもTC教育やTC検定の話題で盛り上がった。ならば今年は教育をテーマに、とことん語り尽くしたい。部下の教育に日夜頭を抱えている方だけでなく、教育成果を上げた経験のある方、教育を受ける側の若い世代も大歓迎。本音で語り合おう。

■ディスカッションのポイント
・ 教育プログラム、OJTといえば聞こえがいいが、ぶっちゃけうまくいっているのか?
・ 仕事を「独習」できる人、できない人。
・ 新人に大事なこと、中堅に大事なこと、ベテランに大事なこと。
・ 教育係に向く人、向かない人。
・ なぜ教育だけは、どうやってもなかなか成果が上がらないのか?

■ディスカッションの流れ
本セッションは、いわゆるパネルディスカッションの形はとらず、パネリストと会場の皆さまとのオープンな語らいで進行する。わが社の教育、私の教育。わが社の失敗、私の失敗(もちろん成功も)。教育係の育成。「人員」を「人材」に変えるには、等々。展開は予測不能だが、話題は尽きないはず。また、昨年に引き続き、TCカフェ専用にTwitterのハッシュタグ「#TCcafe」を設定。当日も会場の内外からTwitterでの参加が可能だ。


コーディネーター 徳田 直樹 (株)パセイジ
パネリスト 塩原 俊幸 アヴァシス(株)
島田 英昭 信州大学
鈴木 裕一郎 (株)日立テクニカルコミュニケーションズ
企画担当者 三波 千穂美 筑波大学
下拂 伸一 アベイズム(株)
関 和佳代 (株)パセイジ

パ10 新しい翻訳のかたちを考える
機械翻訳を使った仕事のやり方とは
内容

■ディスカッションの趣旨
機械翻訳の精度が向上し、海外では機械翻訳を活用したビジネススタイルが定着している。日本でも、クラウド上で機械翻訳と人手翻訳を活用した翻訳スタイルが生まれるなど、新しい動きが出てきている。しかし、多くの翻訳現場では、機械翻訳に興味はあるが、何を目的に、どのように取り組めばよいのか戸惑っているのが実情であろう。最新情報を整理し、すでに機械翻訳を導入した実例を紹介しながら、我々は何を考えて、どのように取り組んでいくべきかを考える。

■ディスカッションのポイント
・ 今の機械翻訳は何が「できる」のか?「できない」のか?
・ 現在ある機械翻訳の「できる」をどのように応用するか。
・ 機械翻訳を使った新規ビジネスへの取り組み。
・ 機械翻訳を使う上での注意点。「できない」ことへの対処。
・ 翻訳ビジネスの将来像。機械翻訳の目指すところ。

■ディスカッションの流れ
1. 最新の機械翻訳事情
2. 機械翻訳を活用した実例紹介
3. 機械翻訳を使う上での留意点、特長
4. 機械翻訳の将来像


コーディネーター 深井 徳朗 アヴァシス(株))
パネリスト 内山 将夫 (独)情報通信研究機構
相良 美織 (株)バオバブ
鈴木 博和 (株)東芝
山田 薫 シスコシステムズ(合)
企画担当者 中村 哲三 YAMAGATA INTECH(株)
森口 功造 (株)川村インターナショナル
山本 勇 (株)石田大成社

このページのトップへ戻る