• TCシンポジウム
  • 日本マニュアルコンテスト
  • 関連リンク集

[print]

TCシンポジウム2007 プログラム詳細

パネルディスカッション(大阪)

タイトル

パ01 マニュアル制作における校正支援ツール活用のポイントを探る
~ツールに何を期待するのか ? 何ができるのか ?~
パ03 安全表記と取扱説明書の役割
~取扱説明書に表記する内容を見直そう~
パ04 ユーザーにとって魅力のある取扱説明情報とは ?
 
パ06
新しい取り扱い情報の「説明とビジュアル表現」
~紙・電子を問わずやさしく・効果的に伝えるには~
パ08 多言語展開もエコの時代
~制作現場のシンプル・イズ・ベストを探る~


詳細

パ01 マニュアル制作における校正支援ツール活用のポイントを探る ~ツールに何を期待するのか ? 何ができるのか ?~
内容

製品が多様化/複雑化/高機能化する中、多くの企業では、短サイクル多品種生産を強いられる状況が日常化しつつある。マニュアル制作の現場では、これらに対応するため、短期間に大量のマニュアルを制作しなければならない。制作時間の短縮に伴い、校正にかけられる工数を十分確保することが難しくなってきている。
また、マニュアルの品質を一定に保つには、制作にかかわるたくさんの人の労力が必要であり、掲載されている情報が正しいことはもちろん、適切なルールに従った用語の統一、レイアウトなどチェック項目も多岐にわたるが、このような総合的な知識を持つ校正担当者も不足しがちで、校正結果にばらつきが生じ、品質の低下を招きがちである。
このような状況の中、校正支援ツールが注目を浴びつつある。マスメディアなどの出版物を扱うところでは、校正支援ツールを導入することで、発信する情報の品質の低下を防止していると聞く。マスメディアなどで実際に校正支援ツールを活用している方の成功事例を通して、ツールの導入がマニュアル現場でも有効であるかを考える。
また、既にマニュアル制作の現場で校正支援ツールを導入している方から、ツールの導入による校正作業の変化やツールの活用範囲を伺い、ツールの使いこなし術を探る。
校正支援ツールの活用では用語のデータベース化がカギといわれる。用語データベースの出来によっては、かえって品質の低下や工数の増加を招くこともある。実用に耐えうる用語データベースをいかに作ればよいのかも考察したい。

■セッションの内容

  • 校正作業を行う現場では、今、何が起こっているのか
  • 校正支援ツールとは
    • ツールの種類や特徴
    • 他ツールとの連携について
  • 校正支援ツールの導入事例
    • 導入の背景
    • 導入時の注意点
    • 導入後、どのように変化したか

■ディスカッション

  • マニュアル制作における校正作業とツールとの関係について
  • 校正支援ツールを効率よく使うためのポイントは何か ?

■用語データベースや、ワークフローについて考える

  • 今後期待されるツールや、ツールに取り込んで欲しい機能は何か ?
  • 校正結果や校正ツールに関する情報共有の効率をあげる方法は ?
キーワード 校正、用語統一、品質管理
コーディネーター 黒田 聡 (株)情報システムエンジニアリング
パネリスト 生田 聡 オリンパス(株)
藤原 新也 (株)赤坂グラフィックスアート
細田 達幸 松下電器産業(株)
企画担当者

小林 久美子 (株)ルネサスソリューションズ
園田 治 (株)情報システムエンジニアリング

対象者 テクニカルライター
ディレクター
校正(チェック)担当者
用語管理担当者
標準化担当者

パ03 安全表記と取扱説明書の役割
~取扱説明書に表記する内容を見直そう~
内容

昨今、製品事故および欠陥商品のニュースが連日のように報道されている。
事故の未然防止は、基本的には、製品の供給側と使用する側の両方が適切に製品を取り扱い、管理することが重要である。しかし、安心・安全な情報は適切に取扱説明書に記載されユーザーが認識し得る状態になっているだろうか ?
取扱説明書は、すべての製品に付属していて、一番優位な場所とされる冒頭部分に「安全上のご注意」としてずらりと並んでいる。家電製品では30を超す個別警告表示が並んでいる。1995年に施行された製造物責任法(PL法)に対応すべき、工業会および各企業の担当者が、その当時決めた警告文および表記方法がそのまま継承され、現在に至っていることに起因しているようである。一度に脳に記憶される数は3~7個程度と言われ、現状の表記方法では多くのことを伝えようとし過ぎるため、危険が正しく伝わっていない。今回のディスカッションの中で意見交換したいと思う。
家電製品協会では、製品形態の多様化、社会通念の変化などを反映した安全確保のための情報提供のあり方について、WGを結成し取り組んでいる。
具体的な取組みは、警告表示のリスク分析の導入、取扱説明書での安全上の表現、警告表示のレイアウトなどである。また、昨年実施した「警告表示」に関する消費者調査結果から認知度、閲読率も紹介する予定である。
今回のパネルディスカッションでは、現在の状況を鑑みTORI-SETSU 2.0の時代にどのような安全および危険の回避情報を取扱説明書で消費者に伝えていくべきか、消費者側、製造者側、取扱説明書の制作者側からのそれぞれの現状の課題と今後の対応すべき方法も発表していただき、今後の警告表示の取扱説明の方向性を見据えていきたいと思う。

■主な討議のテーマ

  • 製品を安全に使用するためには ? (誤使用との関係は ?)
  • 製品の日常管理と異常時の処理の方法は ?
  • 企業、制作者側は何をやるべきか ?
  • ユーザーに何をしてほしいのか ?
  • 今後の警告表示の取扱説明に要望されるものは ?
キーワード 安全表記、警告表示、安心・安全、安全上の注意、維持管理、リスク分析
コーディネーター 徳田 直樹 (株)パセイジ
パネリスト 消費者代表
長見 萬里野 全国消費者協会連合会事務局長
佐野 真理子 主婦連合会事務局長【東京のみ】
製造者代表
植松 和夫  家電製品協会
制作者代表
石井 満 (株)シーエフメディアジャパン
企画担当者

石井 満 (株)シーエフメディアジャパン
岡本 浩 (有)ユーザーフレンドリー
都築 行博 岡村印刷工業(株)
徳田 直樹 (株)パセイジ

対象者 ディレクター

パ04 ユーザーにとって魅力のある取扱説明情報とは ?
内容

取扱説明情報の提供手段は、取扱説明書のみではない。これまでテキストとイラストで表現されていた説明は、提供メディアが電子化されることで、サウンドやムービーが表現素材として使用可能になった。さらに、インターネットの普及は、取扱説明情報が、製品とは別に提供されることを可能にした。製品を購入しなくても、取扱説明情報は読める/読まれる。
安心して使える紙のマニュアル。いつでも使える製品と一体化した組み込みマニュアル。製品を購入しなくても読めるインターネットのマニュアル。さまざまな情報提供メディアに囲まれたユーザーにとって、魅力的な情報とは何か、最適な入手経路は何か、最適な表現は何か、を考える。ユーザーの期待する取説、マーケットを意識した取説としての、TORI-SETSU 2.0像を探るディスカッションである。
パネルディスカッション07では、TORI-SETSU 2.0を制作現場から考える。興味のある方は、合わせて参加いただきたい。

  • 提供メディアとそれぞれの問題点(固有の問題と共通の問題)
  • 紙を超える紙の取扱説明書
  • 提供する情報(Webマニュアルなど)と生成される情報(ブログ)
  • 現状の情報提供環境(メディア)を前提にした、情報提供手段の検討
  • 現状の情報提供環境を前提にした、表現手段の検討
  • 現状の情報提供環境を前提にした、あるべきコンテンツの検討
  • 「知りたいことは全部インターネットにある」は本当か ?
  • 生き生きしたメーカー提供情報とは何か ?
キーワード コンテンツ、デザイン、ディレクター
コーディネーター 白旗 保則 グローバルデザイン(株)
パネリスト 清水 義孝 (株)クレステック
原田 徹朗 (株)レイ・クリエーション
山田 とし子 松下電器産業(株)
企画担当者

清水 義孝  (株)クレステック
田中 祥子 フリーランス

対象者 テクニカルコミュニケーター全般

パ06 新しい取り扱い情報の「説明とビジュアル表現」
~紙・電子を問わずやさしく・効果的に伝えるには~
内容

マニュアルコンテストの対象範囲拡大にも見られるように年々テクニカルコミュニケーターの守備範囲は拡大している。同時に取り扱い情報の利用シナリオが細分化し、「ビジュアル表現」中心の物から「文章(文脈)」中心の物まで表現・媒体を含め多岐にわたるようになってきている。提供形態としても、冊子,電子マニュアルが中心であったが,対象として「シートマニュアル/パッケージマニュアル/ラベル」などのパッケージ一体型,内蔵型へ拡大されている。
本パネルでは、比較的新しい分野の「シートマニュアル/パッケージマニュアル/ラベル」「かんたんご利用ガイド」「組み込み型」などを中心に取り上げ、住空間での適切な情報伝達とビジュアル(媒体)選択による新しいユーザーとの関係と適切な表現について議論を進める。 事例として「住生活にかかわるインフラや設備の中での取り扱い説明」、「白物家電品での取り扱い説明」、「デジタル家電の組み込み型取り扱い説明」などを紹介する。
討論では「情報記載量が制限されている媒体でユーザーに必須情報をどう伝え実行してもらうか」といった視点で情報量の厳選やビジュアル表現の活用方法、媒体の特徴を理解して組み立てる取り扱い情報の利用シナリオ構築などのポイントとは何かを議論する。同時に、各分野で特徴的なビジュアル表現や期待できる効果を理解した上で「やさしく・効果的に伝える」取り扱い説明の今後について探ってゆく。

■紹介事例

  • 住宅設備のラベル/簡易操作リーフの開発事例
    住宅建築や設計段階で使用者(居住者など)に提供される住設備関連の取り扱い説明ラベルやリーフレットなどの現状と制作事例を紹介
  • 「かんたんご利用ガイド」の企画/デザイン・制作事例
    白物家電系の取り扱い説明企画デザイナーによる簡単ガイドなどの開発ポイントと事例を紹介
  • デジタル家電の組み込み型取り扱い説明事例
    薄型テレビの電子取説において新たな表現媒体の可能性を追求した組み込み型トリセツの事例を紹介
キーワード ビジュアル 情報伝達
コーディネーター 吉川 明 (株)日立テクニカルコミュニケーションズ
パネリスト 市川 幸延 日立アプライアンス(株)
松村 健 松下電器産業(株)
宮崎 邦明  エニシード(有)
企画担当者

須井 教年 (株)日立製作所 
吉川 明 (株)日立テクニカルコミュニケーションズ

対象者 テクニカルライター
デザイナー
UI設計者
マニュアル企画者

パ08 多言語展開もエコの時代
~制作現場のシンプル・イズ・ベストを探る~
内容

各国の法律、販売会社からの要求などにより、マニュアルへの言語対応の要求は年々増え続けるばかりである。多機能商品を使うには、マニュアルを読む必要があり、それを自国語で読みたいとユーザーが要求するのは当然のことである。実際、昨年のシンポジウムの多言語関連のパネルディスカッションでは、「その国の言語で書かれたマニュアルが用意されているというだけで売り上げが多くなる」という話も出ていた。私たちは、そのユーザーの要求に応えていかなければならない。

多言語マニュアルの制作体制は、翻訳会社のネットワークの広がりや文字コード、フォント、アプリケーションの整備により、以前より充実してきている。しかし、求められる言語をただ翻訳するという従来どおりのやりかたで、増え続ける言語に対応していけるのだろうか ?
lメーカー側は、ユーザーが必要としている情報提供を行うにあたり、言語を増やしつつコストアップは極力避けたいという、難しい課題を抱えている。
l制作会社側は、相変わらず納入直前まで追加変更が入る状況下で扱う言語が増えるため、業務量だけが増えていき、納期に間に合わせることで精一杯、品質面の向上にまでなかなか力を注げない。
l翻訳会社は、マニュアルだけでなく、製品上のUI用語の翻訳も依頼されることが増えてきたが、それらがばらばらのタイミングで進むため、終盤になって発生する辻褄合わせの修正に追われることも少なくない。

このような状況の中で、私たちはユーザーが求める取扱情報を提供できるのだろうか ? 立場は違っても、高い品質のマニュアルを効率よく作りたいという思いは同じはず。従来のやりかたを見直し、多言語展開に関わるそれぞれが少しずつ工夫することで、高品質のマニュアルを効率よく作る手立てはないのだろうか ?

そこで、本パネルディスカッションでは、以下のことを切り口に、各パネリストがそれぞれの立場から、現在抱えている問題点を出し合い、どうしたら「シンプルなマニュアル」が作れるか、「シンプルな制作フロー」にできるのか、など、知恵を出し合う。

  • 情報整理、表現設計、ライティング面での工夫
  • 制作フローでの工夫
  • 翻訳展開の工夫
  • 急な変更への対応
キーワード 多言語展開、制作効率
コーディネーター 徳田 直樹  (株)パセイジ
パネリスト 北村 裕子  ソニー(株)【東京のみ】
中嶌 重富 アラヤ(株)
中村 哲三 YAMAGATA INTECH(株)
吉川 勝 パナソニックコミュニケーションズ(株)
企画担当者

北村 裕子 ソニー(株)
関 和佳代 (株)パセイジ
吹野 礼子 ソニー(株)

対象者 多言語展開マニュアルの担当ディレクター、制作担当者