• TC技術検定
  • TCシンポジウム
  • 日本マニュアルコンテスト
  • 関連リンク集

[print]

TC技術検定

3級 テクニカルライティング試験[TW]

使用情報の作成に携わる人々だけでなく、実用文の作成に役立つ日本語の文章表現技術を高めたいすべての方々を対象とする試験です。
営業やエンジニアなど文書を仕事の対象としてなくても、文書は作成します。仕事で扱うすべての文書は、必ず誰かに向けて発信されるものです。しかし、文法や文の知識だけでは文書は作成できません。何のために、何を、どう説明するか、もう一度日本語を見直し、伝わる文書力を磨きましょう。


実施要項

● 3級テクニカルライティング試験[TW]の試験方式の変更について

受験者の皆様により力を発揮いただき、試験の技術水準に近づけるため、試験科目と試験時間について、2018年7月に実施する試験から、下記のとおり変更いたします。これまで、1科目90分で実施したものを、選択式の学科と記述式の学科の2つに分け、それぞれ50分で計100分といたします。なお、試験範囲やレベルには変更ございません。受験にあたって、終了時刻が30分ほど遅くなりますので、帰宅時の交通機関手配などの参考にしてください。

3級 テクニカルライティング試験[TW] 2018年夏
試験日 2018年7月8日(日)
申込受付 2018年5月1日(火)~ 6月8日(金)
試験科目と時間 学科試験(選択式問題)13:15~14:05(50分)
学科試験(記述式問題)14:35~15:25(50分)
試験会場 東京:立教大学 池袋キャンパス
大阪:新大阪丸ビル新館
名古屋:栄ガスビル
福岡:パピヨン24
受験資格 受験に制限はありません。
会員、非会員を問わず受験できます。
団体受験 TC協会の法人会員に限り、受験者が20名以上の場合には、会員の用意する会場で受験することができます。団体受験を希望される場合は、TC協会事務局までご連絡ください。
受験料 3級 テクニカルライティング試験[TW]の受験料は、下記の通りです。受験料は、消費税を含みます。

法人会員・個人会員 10,260円
非会員 15,560円
学生 10,260円

※学生は、学生証など学生であることを証明する書類のコピーをお送りください。
※TC協会個人会員の受験は、本人に限ります。
※主催者側の都合で試験実施が中止になった場合を除き、受験料は返還しません。
申込手続き 【個人申込】
お電話(03-3368-4607)、メール(tc-info@jtca.org)または下記URLへアクセスして、TC協会事務局まで受験案内をご請求ください。受験案内と払込取扱票(兼受験申込書)を郵送します。同封の払込取扱票(兼受験申込書)に受験者本人が必要事項を記入し、郵便局で規定の受験料を払い込みください(代筆不可)。なお、払込手数料は、申込者がご負担ください。

受験案内のご請求はこちら ≫≫
※個人申込の方は、インターネット申し込みができるようになりました。

インターネット申し込みはこちら ≫≫
【団体申込】
企業や団体で複数名まとめて申し込む場合、団体申し込みが可能です。団体申込では、受験票や合否通知を取りまとめてご担当の方に一括してお送りします。団体申込を希望される場合は、TC協会のホームページから団体申込書をダウンロードして、FAX(03-3368-5087)またはメール(tc-info@jtca.org)にてお申し込みください。申込書が到着後、請求書を郵送しますので、受験料を払い込みください。

団体申込書のダウンロード
受験票 ※個人申込の場合、払込取扱票(兼受験申込書)に記入された送付先に郵送します。団体申込の場合、取りまとめご担当のかたに郵送します。
※試験日の2週間前までに受験票が届かないときは、TC協会事務局までお問い合わせください。
合格発表 2018年8月下旬(予定)

※個人申込の場合、本人に合否通知を郵送します。合格者には、合格証書を同封します。
※団体申込の場合、取りまとめご担当の方に合否通知を郵送します。また、合格者の合格証書を同封します。
※TC協会が用意する会場での合格者の受験番号は、TC協会Webサイトで発表します。
※得点通知サービス
合否通知に、100点満点に換算した得点を記載します。得点についての個別の問い合わせには対応できませんので、あらかじめご了承ください。
受験参考書 受験のためのテキストとして、TC協会で書籍を発行しています。
「日本語スタイルガイド(第3版)」 価格:2,808円(税込み)

「日本語スタイルガイド(第3版)」の詳細と申込方法
受験対策セミナー 例題を使って合格につながる解答のコツなどを解説します。出題傾向や出題形式を知りたい方、短時間で密度の濃い学習を希望される方に最適です!

TC技術検定受験対策セミナー3級[TW]の詳細と申込方法
ご注意 答案の返却、試験問題の公開は行っていません。
合格通知、合格証書に記載する氏名は、JIS第2水準までの漢字の範囲とさせていただきます
個人情報の取り扱いについて 申込用紙に記載された個人情報に関しては、試験実施管理、TC協会公式行事並びに協会諸活動の案内・告知などの利用目的に限定します。


想定する受験対象者

TC技術検定3級 テクニカルライティング試験[TW]は、次のような人々を受験者として想定しています。

3級 テクニカルライティング試験[TW]で問われる技術水準

技術水準

日本語の表記、文法、用字・用語を含む日本語スタイルガイドやライティング技術の理解度および到達度を問う。加えて、ライティング技術を深めるために必要なテクニカルライティング技術の要点(対象理解とコンテキストの組み立て、推敲とリライト、読み手を考えたライティング技術)、テクニカルコミュニケーション技術の基礎(表現設計、構造化、制作ツール、コンプライアンスなど)が試験範囲に含まれる。

到達目標

試験は、テクニカルライティングを学習した方で、使用情報などの制作実務経験を持たなくても受験できるように設計されている。ビジネスや生活で情報を伝えるとき、エンジニアリングドキュメント、手順書、提案書、レポート、小論文などを書くとき、読みやすく、誤解されない正確な文章になることを目標としている。

技術要素の区分内容

  1. 文書(情報)作成における説明技術
    ・ さまざまな実用文とテクニカルライティング
    ・ 日本語スタイルガイドとテクニカルライティング技術
    ・ 文書や情報として仕上げるテクニカルコミュニケーション技術の特徴
  2. 日本語スタイルガイド
    ・ 文法、用字・用語、表記
    ・ 読みやすいライティング
    ・ 誤解されないライティング
  3. テクニカルライティング技術の要点
    ・ 対象理解に基づくコンテキストの組み立て
    ・ 読み手のことを考えたライティング
    ・ 文書(情報)の完成度を高める技術
  4. テクニカルコミュニケーション技術の基礎
    ・ 表現設計の基本
    ・ 構造化に配慮した文書(情報)の設計
    ・ 作業効率を高めるツールの知識
    ・ コンプライアンス

このページのトップへ戻る