• TCシンポジウム
  • 日本マニュアルコンテスト
  • TC技術検定
  • 関連リンク集

[print]

学術研究・産学協同

TC協会は、情報をわかりやすく伝える技術の発展のため、さまざまな研究活動を実施してきました。研究の成果によって、会員の技術力向上に資するとともに、社会全般のコミュニケーションの質の向上に貢献することを目指しています。個別の企業や個人で研究することの困難な技術等に関しては、大学等の公的研究機関と連携し、産学全体の技術的、学術的発展に貢献するとともに、使用情報の提供に携わる関係者が広く共有可能な研究成果を生み出していきます。

TC専門教育カリキュラム・ガイドライン検討ワーキンググループ

TC協会は、筑波大学(情報学群知識情報・図書館学類)と連携して、日本の高等教育におけるテクニカルコミュニケーション教育の実施を目指し、2009年 12月にTC専門教育カリキュラム・ガイドライン検討ワーキンググループを発足させました。使用説明の制作現場で求められる知識と能力を洗い出し、大学で実施可能なカリキュラムに反映すべき項目について検討を重ねています。
2010年7月、中間段階の成果物として、「TC専門教育で育てる知識と能力(リスト)」を公開し、アンケートを実施しました。
【TC専門教育で育てる知識と能力】について再検討し、さらに認定システムの 運用についての議論を行いました。主な検討ポイントは、「デザインの定義」、 「企画の位置付け」、「用語の定義(情報アーキテクチャー、コンテキストライ ティング、トピックライティングなど)」などです。結果として2010年7月のリ ストを組み直し、大学における授業科目の有無に係わらず、広範なTC技術を身に つけるために重要な知識と能力を体系立てることを目指し、【テクニカルコミュ ニケーターに求められる知識と能力(知識と能力のリスト)】として体系化しま した。ワーキンググループの活動は終了しています。
この成果は「TC専門課程制度」として実施しています。

画面表示用コンテンツ企画制作スキル体系の検討ワーキンググループ

画面表示を中心とする、新たなコンテンツの企画・制作に求められる知識やスキルの体系化を行い、今後計画されているTC技術検定1級の内容や位置付けを明確にします。TCシンポジウム2011において、成果の中間発表を行う予定です。
2011年の活動は、6月3日よりスタートしました。

Webコミュニケーション調査・研究ワーキンググループ

2005年度からWebマニュアルをテーマとして、ユーザビリティ、アクセシビリティの視点から操作性検討・標準化について調査・研究しました。ワーキンググループの活動は終了しています。

電子マニュアルマーク標準化ワーキンググループ

電子マニュアルマークの標準化に取り組み、標準マークの趣旨およびその使い方などについて公開しています。ワーキンググループの活動は終了しています。